ボストン

先週末ボストンへ行ってきました☆
ボストンにはなんとなく憧れていて、アメリカにいるうちに訪ねてみたい都市の一つでした。そんなに観光できる時間はなかったのですが、それでも魅力をいっぱい感じさせてくれました。

Boston Redsoxの本拠地、Fenway Park。現在MLBで使われている中では最も古い球場です。初日の夜は、そんな球場にあるBleachers Barというお店でディナーを頂きました。

http://bleacherbarboston.com/flash/

その名の通りといいますか、このお店は外野のBleacher(簡易な観客席、ちょっと調べてみたら外野席っていう意味もあるようです)の真下に位置していて、そこから球場の様子が見れるのです。2月の寒いボストン、オフシーズンで、もちろん選手などいない時期だったので、そういう雰囲気が全く感じられなかったのは残念でしたが、それでもいいなと思えるBarでした。

試合の日には間近でウォームアップしている選手が観れたり、もちろん試合も観れるそう。ただ試合のある日にこのお店に入るのはやはり大変なようです。Red SoxはMLBの球団の中でも相当ファンが多いチームで、Bostonに限らず全米各地にファンがいます。試合もとても人気でチケットを取るのは大変だそうです。ちなみにCubsもそういう球団です。

そういうアメリカのスポーツに対する熱さが好きな私にはたまりません。ぜひともシーズン真っ最中のFenwayに足を運んでみたいものです。

翌日は午前中が今回のボストン滞在でのメインイベント。時間が出来た午後はボストン美術館へ行きました。正式名称はMuseum of Fine Arts, Boston。全米の中でも指折りの大きさをほこるこの美術館はヨーロッパ、アメリカはもちろんアジアのアートも豊富。日本とのつながりも深く、日本の仏像や刀なんかも展示されています。夏季期間だけオープンしている日本庭園もあるのですが、2月だったのでもちろん閉まっていました。

個人的には、昔、模写したことのあるミレーの「種まく人」があったことが印象的でした。中学生のときに美術の課題で有名な絵を模写するというのがあったのですが、そのときに選んだ作品だったのです。

しかし、何を勘違いしたか、土曜日だったその日を平日と思っていた私は、閉館時間16時45分というのに気づかずにたった一時間半ほどしか観れなかったのでした。。入館料$18(本当は$20のところ学生を装いました。ビザは学生だし。)と高かったので、しっかり満喫しようと思ったのに、本当にショックでした。どんなものがあるのかと日本のセクションなんかをチェックしてた時間が惜しいと思うほど、ヨーロッパ系の絵をほとんど見れずに終わったのでした。

これは後で知ったことなのですが、ボストン美術館の入館券は10日以内なら再入場が可能です。このことを知っていたら、私は翌日の日曜日にまた行っていたと思いますが、時既に遅しでした。

泣く泣く美術館を追い出された私は冬のちょっと寂しい公園を散歩。アメリカの都市にある広々とした公園は好きです。その都市の人々のこころも豊かになるし、生産性もあがるんじゃないかと思います。マラソンもとても有名なボストン、冬でもランナーはいっぱいいました。(ボストンマラソンは参加者にレベルの高めなタイム制限があり、一般のランナーたちはボストンマラソンに出場することが一つの目標であったりします。)

気分転換をした後は、Paneraにて夕食。なぜどこにでもあるPaneraかというと、その後のアイスホッケーの試合の時間を考えて、適度にさっと済ませられる場所だったからです。Paneraだけど、ボストンを意識して、Salmonのサンドイッチとクラムチャウダーを食べてみました。

初めてのNCAA Division Iのアイスホッケーの試合。Boston University vs. University of Maine。ボストン大学は昨年のNCAA Championshipを制覇し、全米1位に輝きましたが、今年は主力が抜けてそこそこの模様。試合は均衡していて、見ていて面白かったです。結果はBoston Universityの勝利。土曜日の夜だけど空席も結構あって、こんなものかとちょっとがっかり。6000人だか7000人だか収容できるみたいですけどね。この状況にがっかりしてしまうのは、日本で考えたらありえないことですけどね。アイスホッケーはアメリカの中でもミッドウエストから東の方だけ盛り上がっている感じなので、大学アイスホッケーがどの程度の人気をほこるのかわかりませんけどね。

試合後はバーへ行きビールをお供にバンクーバーオリンピックとNBAオールスターの前夜ショーを観ながらおしゃべり。立ちっ放しでいたら、ちょっとしか飲んでないのに、一瞬すごく気持ち悪くなった。やはりストレスは溜まっていたのかなと。

翌日日曜は完全にフリー。泊めてもらっていたこともあって、動きづらかったので、午前中はだらだらと過ごしていました。ボストンにいるのにもったいないとは思いつつも、観光メインで来たわけではないので仕方ないと思うようにしてました。

お昼はボストン近郊に在住のATCの方と、大学院でATCを目指して勉強中の方とお会いしてシーフードを頂きました。さすが港町だけあって、シーフードはおいしかったです。新しい出会いにも感謝。楽しい時間が過ごせました。昼食後はボストンのダウンタウンの方へ行き、Qincy MarketやらSouth Endやらを探索。人気のBakeryに行ったりと、都会気分を味わいました。港町だけあって、サンフランシスコのFerry Building付近に似た空気もあり、サンフラのことも懐かしく思い出したり。ゲイの町として名高いサンフランシスコですが、ボストンにもゲイの人たちが結構いるようです。土地の環境と言うのは関係あるんですかね。(と言いつつこのことはボストンから帰って来てから知ったのですが)

と言う感じでなんとなくボストンを満喫したものの、ハーバード大学など行けなかった場所もいっぱいあり、また来たいなと思ったボストン旅行でした。帰りはボストンからNYCに乗り継いで、North Carolinaへ。飛行機から見える都会の街並みは綺麗でした。空港のない町に住む私はNorth Carolinaから二時間半かけて運転して帰って来たのですが、途中なんども寝そうになりながらも、コーヒーを飲んだりしながらごまかしてなんとかたどり着きました。そんな運転中に翌朝は6時半出勤してねという連絡が入り、うおーいと思いつつも、翌朝6時起床にて再びいつもの生活に戻ったのでした。(20分で準備して職場まで10分です)

疲れを残したまま入った先週は散々でした。切り替えがうまくいってませんでした。今週は有意義に時間を使えるよう気を引き締めていきます。オリンピックも折り返し。楽しみましょう。
[PR]
by atmtk | 2010-02-22 10:54 |


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧