年次総会

f0127915_443091.jpg

前回のエントリーでは全く触れなかったNATAのAnnual Meetingについて。

私は2008年から毎回参加していて、今回が4回目の参加でした。
本格的にプログラムの始まる月曜の朝に、会場でレジストレーション。会場を歩きまわっていると、いきなりいろんな再会を果たします。時間も中途半端だったので、早速10時開場のExhibit Hallに行くことに。

ここでは最新の治療器具やら、トレーニング器具、テープ、防具などあらゆるものが展示されています。この場で購入もできますし、業者の方と話していると、「購入までのプロセスはどんな感じ?おたくの大学に説明しに行きますよ」みたいなことも聞かれたりします。無料でサンプルやらバックやら、ポロシャツやらブレースやらを配ってくれる業者もあるので、初日の開場時間が一番混みます。それもあって、このExhibit Hallではいろんな人に再会する確率がとても高い。今回もこの場でいろんな人に会いました。日本人もいっぱいです。

そんな感じでExhibit Hallでの時間はあっという間。
で、登録してあったWorkshopへ。タイトルは「Compensatory Movement Strategies Due to Anterior Knee Pain:Short and Long-Term Consequences」。大事なことですが、結構基本的なことばかりだったので、あんまり新しい情報はありませんでした。膝の痛みだけでなく、身体全体の動きを見ていかないとだめだよってことを強調していました。

講義が終わると急いで、ポスタープレゼンテーションを観に。University of Toledoの友達がポスターによる研究発表をしていたので、その様子を観に行ってきました。そのまま、次は別の友達(こちらもToledo卒)の研究発表へ。こちらはオーラルプレゼンテーション。みんな頑張っているなと刺激をいただきました。

午後は「Whole Person Management of Concussion: Successful Return to School and Sports」という講義を聞きに行ってみましたが、こちらもイマイチ。脳震盪を患った選手の復帰の課程を、主に学業関連の観点から説明。日常生活にはなんら支障なく見えても、いつもよりちょっとテストの点が悪いなど、まだ脳が回復しきっていないことはよくあると。脳震盪後は運動だけでなく、頭をつかう勉強も控えて脳を休めることが大切です。で、そのあたりの学校側との連携などを話してくれました。

初日はこんな感じで終わりにして、Japan Athletic Trainers' Organization主催のレセプションパーティーへ。毎年コンベンション開場近くのホテルでJATOが日本人ATC交流の場を提供してくれるので、今回もそれに参加。それはありがたいのですが、誰かに紹介してもらうという形でないと、なかなか初めての人とは話しにくいものです。私も結局前から知っている方々と話していただけで新たな出会いを創りだせませんでした。みんなが落ち着いて、再会できる環境を提供することも大事ですが、なにかちょっとしたアクテビティーなどをしてみてもいいんじゃないかと思います。特に初めて来た誰も知らない学生さんなんかは、自分からなかなか声をかけづらいものです。私も初めて参加したときは、特にそんな感じで、一番話しかけやすかった受付担当をされていた方に、勇気を出して声をかけるのが精一杯でした。

二日目は朝、カフェ・デュモンドに行ったので、会場到着は10時前。肩のプレゼンテーションを聞きに行こうと思ったら、偶然同じ大学院に通う同僚に出会い、結局講義には行かずに、彼と話しながら、前日に引き続きExhibit Hall探索。彼は学部時代を過ごした大学もビッグスクールなので、最新の器具もいろいろと知っていました。ドイツ発祥のHivamatという治療器具やら、うちの大学でも昨年より使っているNormaTecというCompression Unitやら。いろいろと話しをしていて、当たり前ながら大学の設備も全然平等じゃないなと思いました。どのくらい効果があるかはわからないけれど、上に行けば行くほどお金のかけ方は変わってくるし、ほんと立派なビジネスです。

だらだらと会場を回ったあとは、Exhibit Hallでたまたま出会った、前日お会いしたばかりの業界の先輩も加え3人でお昼へ。ゆったり過ごしていたら、もう午後も半ば。会場でまた先輩に会い、お話したりして、この日は結局講義には一つも出ずに、Keynote SpeakerであったArchie Manningのお話だけ聞いて、会場をあとにしました。その後は日本人ATで集まって今年3年目のバスケ大会、バーボンストリートにて郷土料理のち、飲み歩くというお決まりコース。

三日目はホテルのチェックアウトもあったので、スロースタート。会場到着は10時半頃で、早速Learning Labコースの一つ、「Thoracic Mobility-The Missing Link in Your Trunk Stability Program」というのにいきました。横隔膜が一番好きな筋肉だと語るPT/ATCのSue Falsone。楽しそうに話す人はいいですね。こっちも楽しい気分になってくる。内容も面白かったですし、すぐに仕事に活かしていけそうな内容で、勉強になりました。Learning Labというのは講義と実践の二部構成で成り立っているので、頭にも入ってきやすかったです。

私のAnnual Meeting参加はこれで終了。
このあとはまた友人たちと食事に行き、別れを惜しみつつまったり過ごして、ニューオリンズを少し観光して帰路に着くという流れでした。

今になってもうちょっといろいろ講義に行くべきだったなとも思いますが、今年もいろんな人に出会えて、ニューオリンズの街を楽しめたのでよしとします。現地で一緒に食事したり、遊んでくださったみなさんありがとうございました。またどこかでお会いしましょう。

長くなりましたが、最後まで読んでいただいた方、どうもありがとうございます。

ハリケーンMix売ってました。
f0127915_45067.jpg

[PR]
by atmtk | 2011-07-03 04:00 | Athletic Training


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧