CSCS取得の過程

日本でも業界ではそれなりに有名なNSCA(National Strength & Conditioning Association)のCertified Strength and Conditioning Specialistの資格。結構前からずっと取ろかなと思っていましたが、資格の維持にはCEUも必要だし、まだいいかなと伸ばし伸ばしに。

でも5月には大学院卒業予定なので、学生のうちに取ってしまおうとようやく決断し、行動に移したのは1月下旬。まずはNSCAのメンバー登録。メンバーになっていたほうがメンバー費を含めてもテスト費用が安いので、テストを受ける前にメンバーになるのが基本。一般メンバーよりも$40ほど安い学生メンバーとなり(これが学生のうちに取ろうと思った条件のひとつだったりもします)、早速テストに登録。

テスト登録したあとで、テストセンターから連絡が来て日にちを決めるという手順。早速スケジュールをチェックしてみたところ、すぐにでも受けれる感じだったので、まずは準備をして、受けようと思えるタイミングで受けようと思い、一旦放置。となれば、つぎはテスト勉強。この資格といえば、テキストブックはこちら。Essential of Strength Training and Conditioning。いつか取ろうと思っていたので、以前にも一度一通り読んだことがありました。そのときは大学の図書館で借りたので、今回もまたテキストは買わずに借りることに。結構高いですし、取って置く気もなかったので、買うつもりはもともとなかったのです。

テキストを読めば受かるという話は聞いていたので、とりあえず一通り読んで、各チャプター後にあるちょっとしたクイズをやりました。600ページくらいとそれなりの厚さはありますが、以前に一度一通り読んだことがありましたし、大学院の授業で運動生理学などはそれなりに深くやりましたし、そんなに新しい情報はなかったので、復習とテストのために必要な知識のレビューだったので、そんなに時間はかかりませんでした。中間試験のために勉強しているような感じで。

そして迎えた2月末。水泳のシーズンも終わって、時間にも余裕が出来たので、試験の日にち登録をすることに。テスト時間は4時間、テストセンターも運よくアパートから1マイルくらいの場所にあり、ほぼ毎日午前か午後に受けれるという素晴らしい環境。これもさっさと資格を取ってしまおうと思った理由のひとつ。

そして登録は無事完了。でもテスト費用に4万円(メンバー費を含めて)ほどかけたこともあって、絶対に落ちたくなかったので、直前でテスト教材を買うことを検討。だいぶ迷った末に、オンラインでできる練習テストを1回分購入しました。これは$35ほど。やってみて思った感想としては、まあ買わなくてもよかったかなという感じでしたが、テストの感じをつかむのには最適でした。問題数が少ないだけで形式は実際のテストと同じなので、テスト形式になれることはできました。それがどこまで役に立ったかというとそれほどでもないですが。。

ちなみにそのオンラインの練習テストでも結果を評価され受かる受からないの診断を下されるのですが、その模擬試験の結果では私はExcersise ScienceとNutritionの点数が足りておらず、このセクションは落ちるとの診断が来ました。ちょっとショックでしたが、そんなに気落ちすることもなく、このセクションに関連する箇所をテキストを使って見直し。そして練習テストを受けた三日後に本番のテストを受けました。

注:CSCSのテストはExercise ScienceとNutritionでなりたつScientific FoundationセクションとPractical/applied Sectionと呼ばれるExercise Technique, Program Design, Organization and administration, testing and evaluationから成り立つ二つのセクションで構成されています。

当日テストセンターに行くと、私のほかにもう一人テストを受ける人がいました。彼女が何のテストを受けていたかは知りませんが、CSCSではなかったことは確実です。テストセンターはNSCAとは関係なく、数種類のテストを実施している場所なので、いろんなテストを受けに来る人がいます。BOC-ATCのテストと似たような感じです。このUrbanaのテストセンターには二つしか席はありませんでした。二人だけで小さな個室というのはちょっと気まずい感じでした。

前述のとおりテスト時間は合計4時間。早く終われるかなと思ったものの、慎重になって考えていたら結構時間を取られ、3時間20分くらいかかりました。すべて4択問題です。受け終えた感触はまあまあ。受かっていると思ったものの、ちょっとだけ不安も。本来ならその場でテスト結果を受け取ることができるのですが、私は成績証明書を送るのを直前まで忘れていたので、その場では結果を知ることが出来ず。早く結果が知りたくてじれったかったです。

そしてようやく今日Emailで結果通知が来ました。無事に合格。受けなおす必要がなくなったことにホッとしました。名前のあとにつけることのできるアルファベットが増えました。

もしもCSCSを取ろうと思っていて、このエントリーを読んだ人に対する私のアドバイスは、やっぱりテキストを熟読すること。ATCであれば、内容はかぶっている部分も多いし、そんなに時間はかからないはず。練習テストはあったらあったで便利だろうけど、なくても大丈夫というのが私の感想。不安ならば買うのは悪くないと思いますが、3つはいらないと思います。

f0127915_1054520.jpg

[PR]
by atmtk | 2012-03-09 10:50 | スポーツ


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧