メキシコ旅記2: チチェンイッツア遺跡

カンクン滞在二日目は世界遺産にも登録されているチチェンイッツア遺跡へ。

集合

メキシコへ出発する前に、ツアーの予約をしていました。このツアーは英語またはスペイン語でのツアー。ホテルに車が迎えに来てくれるので(カサ吉田までは迎えに来てもらえまず、徒歩5分ほどの別のホテルで拾ってもらいました)、それに乗ってホテルゾーンの集合場所へ。

なかなか大規模なツアーで50人乗りのバス2台での出発でした。この日は春分の日で、夕方太陽がピラミッドにククルカン(蛇の姿の神)の胴体を照らし出す姿が見れるとのことで、この日とその前後は観光客もだいぶ多かったようです。私はメキシコ旅行を計画するまでチチェンイッツアのことなんてまったく知らず、当日になって初めてそのことを知りました。

ツアー開始 セノーテ

ツアーがまず訪れた場所はセノーテ(天然井戸)。ユカタン半島にはセノーテが複数存在していて、シュノーケリングやスキューバダイビングができるところもいっぱいあります。

私が参加したツアーのバスのほかにも、いくつか団体ツアーのバスが来ていて、セノーテ内も大勢の人。特に水に入る気はなかったので水着も持参していなかった私は、聖なる泉に手を少し入れるだけ。早々にセノーテから出て、入り口近くで売っていたココナッツジュースを買い、ぼんやりそれを飲みながら集合時間を待ちました。ここでユタ州から来たというアメリカ人大学生二人組に話しかけられ、ちょっと会話。彼らとは違うツアーでしたが、ランチでも、遺跡でも遭遇し、ちょこちょこ会話しました。なかなか面白い二人組でいい話し相手でした。

ランチとお土産

セノーテの次にツアーバスが向かった場所は昼食のためのレストランとお土産店の並ぶ場所。ここは完全に観光のために作られた場所で、ここにも多くのツアーバスが乗り入れ、観光客でごった返していました。日本人もちらほら見かけました。ハンモックやブランケットに興味をすすられましたが、結局何も買いませんでした。前述のユタから来たという大学生はブランケットを買っていました。彼はスペイン語も多少話せるようで、お店の人と会話したりして、買い物を楽しんでいました。

ランチはブビュッフェ。団体ツアーなのでこんなもんかって感じの内容です。マヤの人たちによる踊りの披露などもありました。ランチは一緒のバスに乗っていたメキシコ系アメリカ人の姉妹とそのお父さんの輪に加えてもらいました。おねぇさんの方が以前に一人でスペインに旅行に行ったことがあるとかで、一人でツアーに参加していた私を見て、気を使って声をかけてくれたのでした。一人旅、こんな出会いも悪くないです。英語話せてよかったです。

いよいよ遺跡へ

太陽も傾きかけたころようやく遺跡へ。

団体行動のためいろいろと待たされ、50人の参加者ともなればガイドさんの話を聞くためのポジション取りも一苦労。ついていくことに飽きてしまった私は、はぐれないようにしながら、ひたすら遺跡を眺めていました。もちろんところどころで説明も聞いていました。なにせ遺跡に関する知識がまったくなかったので、ガイドは助けになりました。マヤ文明、さすがに立派でした。

遺跡は5時に閉まるのですが、4時半くらいから蛇の胴体が現れる(ククルカン、上記参照)とのことで、ピラミッドの周りは人でごった返していました。ちょっと気持ちがなえるほどに人が多かったですが、昔の人が考えた自然を生かした巨大なシステムに感動。実際に肌で感じないとこの感動はわかりません。

再びカンクンへ

遺跡が閉まる5時前にバスに戻って、そこからは一直線にカンクンホテルゾーンへ。
私もホテルゾーンの一角でおろしてもらって、夜ご飯を食べに行きました。前日にランチを食べたお店の向かいにあるお店で、今度はビーフファヒータ。カジュアルなレストランなので一人でいることもあまり気にならず、安くておいしいかったです。

ホテルへ戻る前に、街頭にあるツアー案内のブースに話しかけ、この旅行中に行きたいと思っていたシアンカーンのツアーがあるかどうかを聞きました。ブースを3つほど聞いて回ったのですが、シアンカーンはあまり人気がないようで、ツアーを受け付けていないと言われ断念。あるブースでは「シアンカーンのツアーある?」と聞いたらないといわれ、イスラムへーラスやシェルハのツアーに誘われたのですが、シアンカーンにしか興味が無いといったら、「We don't have one, we are leaving you(ツアーはないわ。さようなら。)」と言われ、ちょっとイラっとしていやいや「I am leaving you(こっちがさようなら)」だよと心の中で言い返すのでした。

夜も更けてにぎわいだすクラブ街を横目にバスに乗り込み宿に戻りました。

宿へ戻ると受付で、管理人のルルさんに話しかけられ、しばし雑談。明日はどうするのかと聞かれ、シアンカーンへ行きたかったのだけどツアーがなかったと言ったら、ルルさんの知り合いがシアンカーンツアーをやっている会社で働いているということで、その場でさっそく電話をかけて聞いてくれました。そしたら翌日にツアーがあると言われ、流されるまま即決。そのときすでに夜の10時半を過ぎていましたが、翌朝は6時半に出発することに。一日がかりのツアーで疲れていた私は即効で眠りについたのでした。

関連エントリー
メキシコ旅記3:シアンカーンツアー
メキシコ旅記4:トゥルム遺跡、コバ遺跡
メキシコ旅記5:イスラムへーレス
メキシコ旅記6:カンクン最終日
メキシコ雑記

メキシコに行ってきました。
メキシコ旅記1:出発、到着、カンクンホテルゾーン

セノーテ
f0127915_22344216.jpg

お土産店
f0127915_22354760.jpg

ランチ
f0127915_22364179.jpg

カスティーヨ
f0127915_22375791.jpg

ディナー
f0127915_22395712.jpg


メキシコ関連記事:
メキシコに行ってきました。
メキシコ旅記1 出発、到着、カンクンホテルゾーン
[PR]
by atmtk | 2012-04-01 07:05 |


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧