イスラムヘーレス

メキシコで一日をフルに使える最後の日は、イスラムへーレス(女たちの島)へ行くことに。この島はカンクンのちょっと北にある小さな島です。すっごく綺麗なところでした。

港からフェリーにのって女たちの島へ、のはずが・・・

ダウンタウンから乗り合いタクシーを使って、Puerto Juarezという港へ行きそこからフェリー。予定ではUltramarという会社のフェリーを使って島に行って、自転車でも借りてゆっくり島をまわろうと思っていました。都合よくスノーケリングツアーがあればそれにも参加しようかなとも思っていました。しかしなぜかそのフェリーの乗り場ではおろしてくれず、少し先の別のフェリー乗り場に連れて行かれました。

下りたらいきなり話しかけられ、英語なら話せるといったら、英語を話せる人がやってきて、いきなりツアーの勧誘。往復のボート代、スノーケリング、島の北端と南端をまわって、ランチつきというツアー。ちょっと高いかもと思いつつも、流されやすい私はその場でツアーの参加を承諾してしまいました。参加費375ペソ(30ドルくらい、たぶん工夫するともっと安くいけます)。ほかの参加者を募っている間に少し待たされ、やっぱりやめさせてもらおうかなと思ったりしていると出発の合図。

スピードボートで島へ

その場で急遽決まったこのツアーの参加者は10人ほどでした。しかし私以外のツアー客はみんなスペイン語しか話せない人たちで、ガイドさんはみんなにスペイン語で説明した後、私だけのために英語でたぶんだいぶはしょった内容で説明するという感じでした。やっぱりこのツアーの参加は間違ったか、と思いつつもう後戻りはできず。水にぬれない優雅なフェリーではなく、風をもろに感じて水をあびながらのスピードボートで島へ!

観光地のショッピングはごり押し

島に着くと早速広がる美しいビーチ。一時間半の自由時間を与えられ、なんでも好きなことをしていいということだったので、少し浜辺をあるいたあとは、道にずらりと並ぶお店を見学。翌日にアメリカに帰るということもあって、なにかお土産を買いたいという気持ちが強まってきて、私はストール的なものを購入することに。水着のうえに簡単にドレス風に着ることもできるというのに惹かれ、探していると、さっそくお店の人に声をかけられる。もっと種類あるよと店の中に連れいれられて、もう買うんでしょばりに接客をされて、またまた流されるまま買っちゃいました。300ペソ。ちょっとぼられている気はしたのですが、観光地だし仕方ないと交渉もせずに払ってしまいました。そのお店をやっていた夫婦に小さい子供がいたことも要因だったり。しかし、私は勧誘に簡単に乗りすぎです。

だいぶ暑かったのでどこかお店に入ってなにか軽食でもと思ったものの、もうすぐランチだしあんまりゆっくりしている時間もないかなと思い、お店の探索を続けました。ハンモックなんかにも惹かれましたが、使う予定はまるでないので見るだけ。そうこうしているうちにまた違う店で勧誘され、ストールをいろいろ見せられ説明され。若干買ったストールとの値段比較をしたかったのもあってほかの店をチェックしていたのですが、またまたおばさんの熱い接客に負け、ストールを購入してしまったのでした。こちらは200ペソ。宿も安いところに泊まっているし、食事にもあまりお金をかけていないし、こういうところでくらいメキシコの観光地の賑わいに貢献しようと思いました。すごく一生懸命接客されて何も買わずに店を出ることにも罪悪感をいだいちゃったのでね。

スノーケリングで魚に癒される!

そんな買い物を済ませると、集合時間になったので、ビーチからボートに乗って、少し沖へ。そこで、スノーケリング。セノーテでは泳いだけれど、メキシコに来てから海ではまだ泳いでなかったので、結構興奮しました。海で泳いだのなんて10年ぶり以上だったと思います。魚もすごくいっぱいいて、スノーケリングを満喫。気持ちよかったです。水がめちゃくちゃ綺麗でした。

スペイン語を話す一家とランチ

その後は最初に行ったビーチとは違うビーチへ行って、ランチ。同じツアーに参加していた子連れ家族と会話を試みるも、向こうは完全にスペイン語しか話せないし、私はほぼまったくスペイン語がわからないのでぜんぜんコミュニケーション取れませんでした。そのため、なぜなのかはわかりませんでしたが子供たちが「かおり」と「さゆり」という名前で、日本にも好感をもっている様子でした。スペイン語が話せたらよかったとこのときほど強く思ったことはありません!(大げさ)

ランチではドリンク代は各自もちだったので私はフルーツジュースを頼んだのですが、ここのジュースは65ペソ($5ちょい)して、トゥルムのダウンタウンで飲んだやつより3倍の値段で驚きました。観光地値段です。現金足りなくなりそうで焦ったよ。

少しのんびりしてから、ボートに乗ってPuerto Juarezに戻り、ツアー終了。行ってみようと思っていた海がめ保護センターには行けず。ツアーに参加する前にガイドに聞いたら行く時間あると言っていたのにそんな時間はなかった。まあ流された私がいけないのでしょう。

アメリカ生活が5年を超えても、チップ文化にはいまだ戸惑う

私はツアーに参加するときに375ペソのところ小銭が無かったので400ペソ払っていました。適当なので、向こうもおつりはないから後で渡すと言われていました。ツアー終了後、おつりはチップとしてあげてしまってもいいかと思ってはいたものの、おつりについて何も言われないのはおかしいかと思って、お釣りを請求しに行きました。

そしたらガイドさんはおつりを渡しながら、「チップは?」と聞いてきました。その態度が気に入らなくて私は結局5ペソだけ渡してその場をあとにしてしまいました。もし向こうからおつりを渡しに来てくれたら、私はそのままそのおつりをチップでいいよ、と受け取らないことも考えていました。でも余分に払っているのに何も言ってこなかったこと、おつりを渡してくれるときにチップ請求されたことがなんだか腑に落ちずケチになってしまう自分。ほんとにたいしたことないくらい小額なんだけれど、たとえ小額でもお金を払うなら気持ちよく払いたいのです。

中国は35回言ったと自慢するおじさん

そんなことを考えちょっと気分を害しながらも宿に戻り、シャワーを浴び終えると、ロビーにいた日本人のおじさんに話しかけられました。ビールを飲もうと誘われたので、付き合うことに。ホステルに泊まれば、ほかの宿泊客といろいろと話ができると思っていたけど、私は個室だったことや、毎日のように一日出歩いていたこともあり、それまでほとんどほかのお客さんたちと交流できていなかったので、最後くらいいいかなと。彼はこれまでにいろんなところを旅行してきていて、一番のお気に入りは中国。なんと35回も行っているそう。そして基本的に飛行機の嫌いなおじさんは、日本からフェリーで中国へ行き、そこからは鉄道を使って大陸を横断するのが常のようです。でも今回は思い切って太平洋をフライトしてきたらしいです。

そのまま夜ご飯を食べに行こうと誘われて、一緒に日本食を食べに行きました。私はメキシコ最後の夜はレストランでシーフードでも食べようと思っていたけれど、ツアー以外では、カナダ人スティーブンとの一回を除いて、誰かと食事をするということをしていなかったので、誘いに乗ることにしました。行ったのは地球の歩き方にも載っているという「レストラン山本」。ホステルから歩いて5分もかからない位置。私は刺身定食を頼んだけれど、魚がかわいていて微妙でした。金曜日の夜だったけど、お客さんはぜんぜんいなかったし。お酒を飲みつつ、ひたすら彼の旅行話を聞く。彼曰くダイビングはメキシコのコズメル島よりも石垣島の方が断然いいらしい。私ももっといろんなところに行ってみたいなと思った。

宿に戻ると、ほかの宿泊客も交えて少しの会話タイム。最終日の夜にして初めていろんな人と交流しました。結構みんな南米を旅して北上してきたという人たちで、アルゼンチンやチリ、ボリビアなどの話を聞いて、うらやましくなりました。世界を旅している人は本当にいっぱいますね。特に名前も聞いてないし、今後会うこともないのだろうけど(というか会っても覚えてないと思う)、そうやって最後にいろいろと聞けたのはよかったです。一瞬限りの出会いも旅の醍醐味。

メキシコ関連エントリー
メキシコ旅記1 出発、到着、カンクンホテルゾーン
メキシコ旅記2:チチェン・イッツア遺跡ツアー
メキシコ旅記3:シアンカーンツアー
メキシコ旅記4:トゥルム遺跡、コバ遺跡

メキシコ旅記6:カンクン最終日
メキシコ雑記

f0127915_44297.jpg

ボートから
f0127915_452055.jpg

プラヤノルテ
f0127915_455619.jpg

まさに楽園
f0127915_47421.jpg

ゴルフカートを借りてまわることもできる
f0127915_4963.jpg

スノーケリング
f0127915_495912.jpg

f0127915_4104487.jpg

ランチ
f0127915_412390.jpg

f0127915_4124868.jpg

同じツアーに参加していた人たちと
f0127915_4132911.jpg

刺身定食
f0127915_414181.jpg

私がイスラムへーレスで買ったもの
f0127915_4145325.jpg

[PR]
by atmtk | 2012-04-02 04:17 |


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧