バンコク番外編

中国人ツアーに紛れ込む

その日はバンコクの寺院めぐりをしようと思い、タクシーで一気に王宮へ向かいました。
はりきりすぎて朝7時とかに出たもんだから、到着は7;30前。王宮は閉まってました。なにも考えていなかったけれど開館時間がありまして、8時半まで入れないと。

やってしまったなと思いながら歩いているとマーケットを見つけたので、散策することに。
そのマーケットの奥には港があって、チャオプラヤー川の向こう側にワット・アルンがあるのを発見。ならば、先にそっちへ行こうと決意(こっちは6時オープンとガイドブックに書いてありました)。

船の乗り方がまったくわからず受付の人に英語で尋ねてみると、「あそこから出る、お金は船で」。
だから最初に来た船に乗り込んでみました。これが大失敗。

乗ってすぐはまったく気付いていませんでしたが、なんと私が乗った船は中国人団体のツアーの一部だったよう。最初は順調にワット・アルンに近づいて快適だったのですが、ワット・アルンは遠目に見て、船の上から写真を撮るだけ。ああこれは間違えたな、どうなるんだろうと思い、ふと自分の置かれた状況を分析。ガイドの人、明らかに中国語。まわりも中国人ばかり。そう、これは中国人の団体ツアーだったのです。

けれど気付いたところで何もできないので、とりあえず、スピードボードツアーを満喫することに。船はチャオプラヤー川から少し反れて、船の上でフルーツを売るおじさんからフルーツを買ったり、川辺に住む人々の様子を見学したり、なまずにパンを与えたり、船に乗っていた子供に首飾りをかけられチップを請求されたり。フルーツを買うのや、なまず用のパンを買うのは強制ではなかったのですが、首飾りは強制的にかけられ、子供が目でお金を出せと訴えてきたので、全然いらなかったけどお金を渡しました。その首飾りについてガイドさんが説明をしていましたが、なにせ中国語なのでさっぱり。

そうこうしているうちに出発した港へ戻り、ボートツアー終了。無事に帰ってこれてよかったとほっと胸をなでおろしつつ、何か言われたらどうしようと内心どきどき。まあ咎められたら素直に謝って、潔くお金を払えばいいと思っていました。船の受付所をでたちょっと先で一旦集まる様子だったので、これはもうさらっと抜け出しちゃおうと決めて、こっそり首飾りを取り、すっとそのまま抜け出しました。誰にも何も言われずに。

いやー焦った。しかし、ツアーの客もガイドさんも気付かないものなのでしょうか。それとも放っておかれただけ?けれどなんだこいつみたいな空気もなかったし、誰も気に留めてない様子でした。

なにはともあれ、ちゃっかりボートツアーを満喫したのでした。しかもお金を払わずに。しかし、言語のまったくわからない環境に投げ込まれ、どこにいくかもわからない、なにをするかもわからないというのはなかなかどきどきな体験でした。

f0127915_23255653.jpg


f0127915_2339655.jpg

f0127915_2339727.jpg

f0127915_2339859.jpg

f0127915_23398100.jpg

[PR]
by atmtk | 2013-10-11 23:26 |


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧