「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:音楽( 5 )

カバー

カバー曲ってどうしてもオリジナルの曲と比べられてしまう。
YouTubeで何らかの曲がカバーされている映像を見ると、コメント欄には必ず、原曲のほうがいい、ってコメントがある。逆にカバーのほうがいいって人もいる。でもそもそも比べるものではないと思う。歌う人が違えば、違う味がでる。

素晴らしい曲だからカバーされる。カバーされることによって、その音楽は広がる。カバー曲を聞いて、オリジナルを知ることがいっぱいある。私はMr.Childrenが好きで、桜井さんの声が好きで、Bank Bandも大好き。Mr. ChildrenやBank Bandがカバーした曲を聞いて、オリジナルを知った曲は数知れず。出会わせてくれてありがとうと思える曲がいっぱいある。

糸(中島みゆき)ーBank Band ver.
歌うたいのバラッド(斉藤和義)ーBank Band ver.
有心論(RADWIMPS)ーBank Band ver.
若者のすべて(フジファブリック)ーBank Band ver.
ひとつだけ(矢野顕子)ーBank Band ver.

まだまだかなりいっぱいあるんですが、このくらいにしておきます。
ap bank fesにはいつか行ってみたい。
実はフェスとかライブとか全く行ったことありません。
[PR]
by atmtk | 2011-08-26 13:22 | 音楽

野外ミュージカル

少し前の話になりますが、この夏にホームステイさせてもらっていた老夫婦に2回ほど野外ミュージカルに連れて行ってもらいました。その一つはThe Sound of Music。

涼夏だったこの夏は7月の夜なのにジャケットなし にはいられないほどでした。3年目にして初めてBloomington/Normalで夏を過ごしたわけですが、小さな町は小さな町なりにいいイベントもいっぱいありました。演奏者も役者もすべて地元の高校生たち(子役を除いて)がやっていたのですが、素晴らしかった。一生懸命な感じがたまらない。

その劇場には席も一つもなくて、観客は自分たちでイスをもってくるか、ブランケットをしいてそこに座って、鑑賞。そこにもまた地元の人々が見守るという暖かさがある。

自分が年齢を重ねていくにつれ、高校生、中学生をどんどん小さく感じてしまうけれど、高校生、中学生にもなればかなりのことができる。高校生たちの熱演を見て、なんか勇気をもらった。

そしてやっぱり作品の良さ。さすがは名作だけあって、曲も素晴らしいということを、過去5年ほどで鍛えた英語力により実感。高校生のときに字幕つきで見ていたのとは違い、ミュージカルでの英語を理解している自分に時の流れも感じました。

心地よい夏の風とともに、とてもいい気分でした。

f0127915_7515815.jpg

[PR]
by atmtk | 2009-09-11 07:52 | 音楽

BLUES

今週末はチームが遠征で私は帯同しなかったため実習なし。
久しぶりにかなりのんびり週末を過ごしました。

音楽の授業のためにビデオを観ないといけなくて、Library行って観てきましたが、結構勉強になりました。今回はBluesについてのビデオだったのですが、考えてみればBluesについて誰かに教えてもらって歴史的背景とか学んだことなんて全くありませんでした。そもそも私のBluesに対しての知識なんてないに等しくて、曲を聴くときに、これはBluesなんだって思ってただただその音を聞いていただけでした。正直なところ、定義なんてまったくわからない。

でも今日ビデオを観てて一時間弱だったけど、いろいろ学びました。Bluesは孤独感や嘆きを歌うことから始まったってこと。Africaから奴隷として借り出され、家族とは離れ離れ、厳しい労働に、人並み以下の生活環境。そんな中で自分らの気持ちを歌にすることで、自分に支えを作って生きてた。もちろん曲を作るに当たって、使える楽器なんてなかったから、その場であるもので作った。壁に両端を釘つけて、一本のストリングを張り、弦の長さで音にVariationを出す。そういう単純な楽器。この辺りからImprovisationの精神も生まれた。

そういう知識を埋め込まれた後で聞いたBluesにはなんだか重みを感じました。苦しみが多少なりとも伝わってきて、こっちもなんだか苦しくなってきたりね。歴史的文化背景を学ぶのって面白いと思いました。

この課題あと4つあるのですが、図書館に行かなきゃ観れないこと以外を除いては楽しんでやっていけそうです。授業も日本にはないDiversityさが面白いですし、一般教養ってことで面倒くさい作業は多少ありますが、一般教養の目的である専門分野以外の教養を広げるためにも、積極的にいきます。
[PR]
by atmtk | 2008-01-28 09:59 | 音楽

旅立ちの唄

私は感情をあまり表に出さない人間です。
そういう風になってしまったので、今更そう簡単には変われません。

自分の好きなことを自分から熱狂的に語ったりすることもありません。
盛り上がればそれなりに熱くなりますが、それでも割りとクールな方だと思います。

そんな私は言わずと知れたMr. Childrenのファン。
ファンクラブに入ったこともなければ、ライブに行ったこともないけれど、大好きです。

そんなミスチルの新曲、「旅立ちの唄」。

ぶっちゃけメロディーとか今までにもあったような感じだけど、31曲目のシングルともなればそれもあり。内容が、歌詞が違えば違った響きがあるんです。

ハマると一曲リピート、あるいは数曲リピートで聞きまくる私は、オンラインで曲をダウンロードしてからというもの、そんなミスチルの新曲を聞きまくってます。

やっぱりミスチルは最高です。桜井さんの声がやばい。

♪今が大好きだって躊躇などしないでいえる
そんな風に日々を過ごしていこう、どんな場所にいても♪

この部分が今の私には一番響いてきた。
もっともっと楽しくしていこう、今ここでの生活を。
[PR]
by atmtk | 2007-11-02 01:53 | 音楽

ハーモニカ

夏に日本に帰ったときに、ブルースハープを買いました。

楽器を演奏することに少なからず憧れがある私。

でも今までこれといって何もしてはきませんでした。

音楽の授業が唯一の経験の場でした。

週末にチェロやバイオリンを目の前で弾いてもらう機会があり、

夏に買ったハーモニカのことを思い出した。

とにかくなにか楽器を演奏したいなと思って、選んだのがハーモニカ。

小さくて持ち運びに便利だし、リコーダーよりはかっこいいかなとw

でも買ったまままったく練習していなかった私。

昨日急に練習しようって気になり、一時間ほど吹いていた。

完全に初心者なので、演奏はひどいものですが、普段と違うことするのはなんか楽しい。

これを機にコンスタントに練習したいね。
[PR]
by atmtk | 2007-10-31 02:40 | 音楽


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

人気ジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧