カテゴリ:芸術( 10 )

バルテュス展

上野で行われているバルテュス展に行ってきました。
6月22日(日)までの開催ですので、気になる方はお早めに。

「20世紀最後の巨匠」と言われているバルテュス。
2001年に92歳で亡くなったそうですが、死後は初めてとなる個展だそうです。

奥さんの節子さんも協力して、世界各国から40点以上の代表作を集め、さらには彼のアトリエを再現した部屋を設置。
バルテュスという人の人生を、彼自身の作品を中心として描いた展示でした。

ミツという愛猫の物語を書いたところが彼のアートの始まり。
猫は彼の作品にたくさん登場します。それとともに彼が「この上なく完璧な美の象徴」と言う少女たちを描いた作品が彼の代表作。

現代のアートと言うのはどこかわからない。描き方は綺麗じゃない。
人間の表情もなんとなく不気味で、少女の描き方も美しいと言うよりはエロい。
孤高の画家と呼ばれているそうだが、作品は全体的にどこか暗い。

エゴやエロティックな部分に共感するから、彼は称えられているのかもしれない。

生前に彼を追ったドキュメンタリーを流していて一部観たけれど、とてもこだわりの強い人のようだった。有名な画家はそうでなければいけないのだろう。とがっているからこそ、人を驚かせるような絵が描ける。普通なわけがない。

展示を見終わって、ロビーでおじさんに話しかけられた。
なんでもパリで画家として暮らしているらしい。日本に一ヶ月ほど帰国している最中で、友人に勧められてこの展示を観にきたそうだが、バルテュス展はイマイチだったようだ。そんな感じでしばらくパリの話や、彼の絵の話を聞いた。昔は瀬戸内海のほうにアトリエを持っていただの、フランスでばんばん絵を売っていただの、別世界の話だったのでとても面白かった。こんな人もいるんだなと。

そんな世界とはかけ離れたところにいる私には、パリで画家なんてとても素敵な響きに聞こえるよ。
いつかパリにも行きたいです。

[PR]
by atmtk | 2014-06-08 23:40 | 芸術

コンピューターが芸術を見るとき

昨夜は大学のDepartment of MathematicsとKrannart Art Museumの共催レクチャーに行ってきました。たまにEmailでゲストレクチャーの案内が送られてくるので知り、時間の都合もよかったし、タイトルにも惹かれ足を運んでみました。その名も「When Computers Look at Art」。

話をしてくれたのはDavid Storkという人でカリフォルニアにある研究所で働いているそうです。
研究内容はコンピューターを使ってのアートの分析。輪郭や影の位置から光がどの方角から来ているかを正確に計算して導くことで、その絵がどのようにして描かれたものなのかをあばく。またパルミジャニーノの「凸面鏡の自画像」ではパルミジャニーノがどのようにして自画像を描いたのかを分析し、どの角度からアートを見るのが適しているのかを導き出し、実際に美術館に研究結果を持っていって、展示の仕方を変えさせたそうです。



とても興味深い内容で、一時間を超えるレクチャーでもぜんぜんあきませんでした。コンピューターを使って絵を3Dにして360度まわして絵の世界を見る。数百年前の画家の気分を想像し、感動しました。分析の詳細は私の理解の範疇を超えていましたが、そこは別に理解する必要もないし、彼も聞き手に理解を求めているわけではなかったので問題なし。次々に出てくる数式からは、過去に数学の授業を思い出し、あのころもう少し実際の社会でどうやって微分積分や行列などが使われているのかを教えてくれればよかったのになんて思いました。

描かれた物体に光がどこから差していたのかの正確な位置を分析したところでどうなるんだと思った方、彼の研究はアートヒストリーの研究者により挙げられる疑問点に基づいて行われているので、芸術の歴史的に意味があることだそうです。私はアートヒストリーについての知識は皆無に等しいので、そのあたりの背景のことはぜんぜんわかりませんが、それでもおもしろいと思いました。

質問セッションの際に述べていましたが、もちろん芸術家がわざと光の具合を変えて描いた絵もあります。逆に光の位置が一点でないことを導き出すのも彼の研究。世の中にはこんな研究をしている人もいるのかと新しい世界を見せてもらった夜でした。

専門以外のことに顔を突っ込むのも結構好きです。
[PR]
by atmtk | 2012-04-21 04:41 | 芸術

シカゴの夏

この夏数回足を運んだシカゴのダウンタウン。「都会はやっぱいい」そう思わせてもらいました。
今までにも去年、おととしと8月にシカゴに来たことがあったけど、そのときは感じれなかったこと、知らなかったシカゴを目の当たりにし、ますますシカゴが好きになった。

夏の間は木金の夕方が入場料無料のシカゴ美術館。
かといってそこまで混んでるわけでもなく気持ちよく回れる。シカゴ美術館にはちょっとした日本セクションとでもいいますか、歌川広重などの作品がそろっているコーナーもあったりします。常設の作品はもう何度か見ているけれど、覚えていないのか、ちょこちょこ変わっている気もして、新たな発見もあり。ただシカゴ美術館は現在拡大工事中で常設の近代ヨーロッパらへんの絵画が見れない状態になってました。まあ私はもう5回目とかなので、ショックとかはなかったです。軽く衝動買いでこんな本を買ってしまいましたw 
f0127915_15114418.jpg
浮世絵などの説明が英語で書いてあるのですが、セールで安くなってたのもあり、面白そうだなと思って。学校始まる前に読んでみようと思ってます。

ところで冬は極寒のシカゴ。外でのイベントなんて考えられません。ミレニアムパークのスケートリンクが唯一屋外の目玉ですかね。だけど夏の間は毎週のように何かしらの屋外イベントがあるのです。Annual blues fest, Jazz fest, gospel fest・・・・屋外ライブの数はものすごいと思います。期間限定だからこそ夏の間にガンガンやってるんでしょう。そして私が知ってる限り全てフリーです。一緒にやってる屋台などの食べ物、飲み物はやたら高いですけどねw フリーだからこそみんなすっごい気楽に楽しんでます。ねっころがって聞いたり、フリスビーで遊びながら聞いたり、本読みながら聞いたり、踊ったり、何もかも自由。すぐ近くに高層ビル群が見える中、芝生の広がる大きな野外コンサート場で、生演奏の音楽を聞く。気持ちよすぎます。

f0127915_1516268.jpg
f0127915_15161766.jpg


でもどうやってお金ができてるの?なんて思いますね。税金でまかなってるのかな。
ミレニアムパークにこんなパビリオンつくっちゃったのは、冬の間でもただ建築物としての観光名物にもなりえるからでしょうか。何にせよ、シカゴいいです。この規模は東京では絶対無理。

夏のシカゴはお勧めです!
[PR]
by atmtk | 2008-08-03 15:17 | 芸術

Chicago Blues Festival

こんばんわ。
Boston Celtics、本拠地での二試合を制しましたね。次はLAに場所を移しての試合。今後も楽しみです。

さてこの週末そして明日からの週は雷雨が多い模様です。
昨日、今日と一日中ではないにせよ、たびたび激しい雨が雷とともにたたきつけてきます。ずっと雨という予報を見ると気分がめげますね。。

Chicago Rushは昨日の試合を落としてしまいました。ここ数試合の試合内容があまりよくないので、プレーオフまでにはしっかり立て直して欲しいものですがどうなることやら。インターンの身としてはArena Bowlへ行ってくれぇと願うだけですw

タイトルの話へ行きましょう。

この週末はこの夏初めてのシカゴへ行ってきました★
目的はBlues Festival。二年前にJazz Festivalにちょこっと行ったことがありますがブルースは初めて。このブログにも何度も登場した先学期に私が取っていたBlack Musicのクラスが興味をそそってくれた気がします。

今住んでいるところはシカゴの郊外なので中心部までは電車を使って1時間弱です。駅までは車で行ってそこからMetraとよばれるAmtrakの簡易版のような電車でDowntownに行きます。割と気軽に行けたので、あと一ヵ月半ほどのここでの生活中、あと2回くらい行ってみたいですね。イリノイに来てからは数回シカゴ観光してますけど、さすがは都会。できることはいっぱいあります。今回行って、やっぱ都会はいいと思いました。人のエネルギーを感じるし、なんだかパワーを感じて気持ちが高ぶります。

あまりプログラム等も調べずテキトーに行って、テキトーに楽しんでましたが、大物アーティストもしっかり参加していました。ただ私は人の多さと天気に負けてそういう部分は逃しましたw Koko TaylorとかB.B. Kingとかも参加してるんです。とは言ってみるものの、先学期クラス取るまでほとんどこの二人のこととか知りませんでしたww 私としてはまだあまり人のいないその日最初のコンサートを快晴の空の下、木陰でそよ風をうけながら浸ってるのが気持ちよかったです。人が多すぎると純粋に音楽を楽しもうって気分になれません。Admission Freeのフェスティバルですし、音楽をBGMとして本読んでる人や、フリスビー、キャッチボールなどをして遊んでる人もいっぱいいました。行った事ないけど日本のサマーフェスティバルとかってどんな感じなんだろう。

期待していたものよりは満足度には欠けました。フリーの大規模なイベントだし私の期待が的外れだった気もします。けれど行けたことには満足しているし、色々考えたし、久しぶりに都会の空気を吸ってパワーもらいました。やっぱ動けるときはガンガン動いていきたいものです。思いつきでガンガンいけるフットワークの身軽さを忘れずに。

初めて橋が上がるところを見ました。
f0127915_14484574.jpg


噴き上がるバッキンガム噴水。
f0127915_14493758.jpg


Blues Festival!!
f0127915_14501495.jpg
f0127915_14503652.jpg
f0127915_14505247.jpg

[PR]
by atmtk | 2008-06-09 14:50 | 芸術

Bodyworld 3 in St. Louis

昨日、Athletic Training仲間の学生と教授二人でセントルイスへBodyworld3を観に行ってきた。ずっと行きたいって思っていたけど、去年のシカゴでのBodyworld2はタイミングを逃していけなくて、今回もう3だけど初めて観てきました。

みんなで朝9時にAmtrakの駅に集合して、そこから3時間ほどかけてセントルイスへ。これで3回目、Amtrakで行くのは初めてでした。電車、バスと乗りついで、Science centerに着いたときには1時40分とか。移動時間長すぎです。

実際に解剖学とかちゃんと勉強してからこういう展示見るのは初めてだったので興味深かったし、感動しました。Plastinationすごいですね。今回はらくだの親子のやつもありましたよ。その大きさに圧巻でした。説明に馬のPlastinationには3年かかるとあったので、これも同じくらい時間かけてるのかなって考えて見入ってました。

土曜日だったし、もうすぐセントルイスでの展示が終わってしまうこともあってか、混んでてちょっぴりフラストレーションもたまりましたが、感動の
f0127915_12283211.jpg
勝ちです。もっと勉強せねばという気持ちにもさせられました。

次にセントルイスに行くのはNATAのコンベンションになるかな。インターンとの兼ね合いを考えなければいけませんが、近いし、絶対いきたいと思ってます。それにしてもセントルイスのアーチはいつ見ても非現実的なものに思えます。すごいです。  
[PR]
by atmtk | 2008-02-18 03:18 | 芸術

師走

今日は昨夜降った雨が地面に凍りつき、道を歩いてるだけですべってしまうという状態でした。友達は車運転してて、ブレーキ利かなくなって焦ったと言ってました。ほんと事故でも起きたら大変だ。

ってことでいよいよ12月ですね。師走。
12月ってなんか好き。誕生月だからかなー。
クリスマスと年末って楽しみもあるし、絶対学校休みになるってのもあるな。

まあでも学校が休みになる前には必ずテストがあるわけですが・・・

夜、もうすぐ卒業してしまう友達に誘ってもらい、アメリカ人夫妻を紹介してもらった後、4人でThai Houseというところでタイ料理を食べました。私はタイ料理が結構好きです。でも日本じゃタイ料理なんてあんまり食べないよね。なんかあんまり身近なとこにレストランがない気がする。

その後は、教会に行って、コンサートを聞いてきた。しばらくこういう機会には触れてなかったな。Fresnoでは音楽の教授と親しくなったおかげで、なにかと音楽と関わりあったけど、イリノイに来てからはめったにコンサートとかに行ってない。今度、大学内で行われてるコンサートとか聴きに行ってみようかな。

来学期あと一つだけ残っているGeneral Educationとして、Fine Artsのクラスを取らないといけないんだけど、今登録してるのは音楽。前にも音楽取ったから(もちろん内容は違うのですが)、今度はTheatreかArtにしようかと思ったけど、Art History以外はあいてなかったので、とりあえず音楽にしてある。もしかして空きがでれば変えるかもしれないけど、このままいけばBlack Musicってやつを取ることになります。GEは確かに面倒くさいけど、結構いろんなこと知りたがりな私には、割と面白かったりします。何をとるにせよ、ちゃんと何かを得たと思えるようにしたいですね。
[PR]
by atmtk | 2007-12-02 13:33 | 芸術

モネとル・コルビュジェ

この夏はアートにも積極的に触れていこ。f0127915_22534980.jpg

最近流行のアートな街、六本木。街を歩いていると、日本語でない言語が普通に聞こえてくる。今年オープンしたばかりの東京ミッドタウンと国立新美術館。平日でもものすごい人の数。

金曜の夜、ひさびさに会った友達と、勢いでモネ展へ!人が多すぎてめげそうでした。どこまで行っても、人だらけ。こんな美術館は初めて。苦笑 楽しめないし、感動しづらい。おまけに海外と比べるとやっぱたいしたことないって思ってしまう。それはとうきょう・ろっぽんぎという場所からしてしょうがないのかもしれないが、せまいし、値段が高い・・・。あれではちょっと・・。

その後、別の友人も合流し、六本木ヒルズへ。
雨がぱらついてた影響もあって、眺めはあまりよくなかったけれど、相変わらずヒルズから眺める夜景は素晴らしいです。窓の大きさがいい!360度見渡せるし、なんといっても東京はすごい。これだけ光が広範囲に続く感じ、一箇所にとどまらずいくつかの方角に見える高層ビル群。この街には本当に刺激がいっぱいだ。この眺めに加え、さらに美術館も一緒に見れちゃうんだからすごい。学生値段だと1000円だからね。モネより200円安いんです。

モネ展が混みすぎていたせいか、森美術館はすごく居心地が良かった。ル・コルビュジェの建築も美しかったし、こっちは結構感動した。夜10時までやっているところもいい。

ヒルズのよさを改めて感じた一日だった。国立新美術館は4日から別の展示が始まりますが、ル・コルビュジェはまだまだやってます。ぜひ六本木ヒルズへお立ち寄りを!

f0127915_22521255.jpg

[PR]
by atmtk | 2007-07-01 23:37 | 芸術

ジブリ美術館

f0127915_2254437.jpg昨日、初めて三鷹のジブリ美術館に行ってきた!
子供にも大人にも楽しめる工夫がいっぱいなされてる気がした。

映画の歴史、ジブリの歴史、映画ができていくまでの工程の紹介。実際に使われたものを展示することによって、リアル感が増し、膨大な時間と手間がかかるアニメ映画という世界を想像させる。大人は昔自分が夢中になった作品、懐かしい作品に心を躍らし、子供は騒いでも平気な美術館に開かれた感じを体験し、想像を最大限に膨らませ、縦横無尽に走り回る。

他にない感じの美術館だった。そして井の頭公園の緑が環境を引き立てていてよかった。
またジブリの作品が見たくなった★


そのあと、立川行って、久しぶりのファッキン行って、高校時代を思い出したりしてた。会えば、共通の話題を話すのが普通。だから学生時代の友達とは学生時代のことを話し、変わらぬノリで笑いあう。そんなことも考えていた。

さーて、夏のバーゲン行かなきゃ!
[PR]
by atmtk | 2007-06-29 09:38 | 芸術

世界報道写真展@恵比寿

f0127915_22452880.jpg今日はオフの日。昼過ぎから築地での待ち合わせだったから、朝ここぞとばかりに東京都写真美術館に足を運ぶ。当初の予定じゃ、早起きするつもりが、拘束されるものが何もない心情からすっかり寝坊し、起きたら8時半過ぎ。でもよく考えればそれでも時間は十分あったわけで、とりあえず急ぎめで準備をして、9時40分ごろの電車に乗り、恵比寿へ。



f0127915_22464368.jpg
初の恵比寿ガーデンプレイス、そして東京都写真美術館。写真展なんてめったに見たこともないけど、今回は朝日新聞の記事に影響されて行ってみた。平日の朝はいいね☆空いてた!人一杯いたら見にくかっただろうし。その代わりといってはなんだが老人が多かったな。

う~ん、やっぱり衝撃的であったり、印象的な写真はあるんだけど、どうも現実味がわかない。たとえその写真が2006年や2007年に取られたものでもそれを感じさせてくれる要素なんてない。過激な写真を見ることはけっして初めてではない。むしろそういうものは写真や映像でしか見たことがないから、それは「そういうもの」って思ってしまっている部分があって、自分の中では現実味を帯びてこない。

この写真展で感じたことを私はどう受け止めたらいいのだろう。自分だけの力じゃどうにもならないことっていっぱいある。何かを感じて、救いに行こうとする人、それを伝える側としてカメラを向け続ける人、何もしない人。一度きりの人生だから、一つの道を選択したら、経験できないことはある。私は世界のどっかで戦争が起こってたって、何も変わらず自分の毎日を送っている。それが現実。

報道カメラマンってすごいな。あんな過激な状況、手を出さずにまず写真を撮るなんて大変なことだ。自らも多くの危険を冒していたりする。そのために死んでしまう人だっている。でもそれが自分の使命と感じて頑張っているんだろうな。あとはきっとレンズから生の力を感じるんだろう。

私が最近思うことの一つ、「人を動かすのは人だ」ってこと。大自然や古い歴史もたしかに人を動かせる。でも一番人の心を動かせるのはやっぱり人自身なんじゃないかな。まあ「動かす」ってのは感覚的なものだから、一概にどうこう言えることではないのだろうけど。

ただ、私が好きだった写真は2006年のドイツW杯で退場していくジダンの後ろ姿と優勝杯を対象にした写真であり、クリントイーストウッドの写真であった。そして、とにかく色んな選択肢があるだけで、すぐに命の危険を感じるような生活をしてないだけで、どれだけ幸せなのかと思わされた。

ISUにはレバノンからの留学生がいた。去年の夏レバノンはイスラエル軍の空爆により激しく崩壊していたことを今日知ったけど、そんな中でアメリカに留学してた彼女は相当優秀だったんだろう。傷口に触るとは承知の上で、祖国に対して、苦しんでいる一般人たちに対して、どう思っていたのか聞いてみたかったと今は思う。

知らないことはいっぱいある。知って何ができるのか。何もできないこともある。知らなくたって何も変わらないかもしれない。私は遠くの国の人に直接なにかを与えようなんてとても考えられない。それを知って私がやることは、自分がいい環境与えられてるんだったらその中で一生懸命やって、社会に貢献していくことだと思っている。
[PR]
by atmtk | 2007-06-20 00:55 | 芸術

志村魂2

親の誘いで本日から講演開始の「志村魂2」を観てきた☆
生・志村けんにはちょっと感動しますね。お笑い系の舞台なんて見るのは初めてでした。さすが大御所は貫禄もあっておもしろかったです。

生のいいところはやっぱアドリブと臨場感。志村けんが勝手にガンガンアドリブを入れて、他がついていけなかったりっていうやりとりも面白かった!そして定番の持ちネタをちゃんと披露してくれて観客を喜ばせてくれました。バカ殿にアイーン、へんなおじさんなどなど。しっかり「プロ」である、「一流」でありってものを感じさせてもらいました。

ベテランなだけあって、駆け上がりの必死さや、毎日が勝負といった過酷な感じの緊張感等はなかったのですが、人を笑わせる、楽しませるってことが本当にうまいなあと思いました。こんな経験なかなかないだろうし、よかったです。観客層も子供から中年、高齢者と幅広く集まってました。

普段あまり行かない池袋の街並みも新鮮だったりして。西口公園に行くと池袋ウエストゲートパークを思い出します。帰りなどは結構な人数の人がたまってました。

つくづく東京には刺激がいっぱいだって感動します。


さて、再渡米するまで5週間ほどとなりました。Empire State Gamesのボランティアも無事決まり、戻ってからはものすごいハードスケジュールとなりそうです。日本ではこの先伊勢丹でバイトしながら、一流のもの、プロフェッショナルを感じるものに触れ、はたまた日本の伝統文化のよさを再認識でき、美しい自然を感じたいと思います。流行には敏感に、情報はガンガンキャッチして行きます!若さでガッツリ行くしないです!
[PR]
by atmtk | 2007-06-17 01:37 | 芸術


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧