<   2009年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Jimmy Jonesへ向けて

急に寒くなりました。摂氏10度代。風がビュンビュン。
山だから風が強く吹くと口をそろえてみんながいいます。
確かにそこまで気温が低くなくても、この風なら結構寒そうです。
果たして冬はどうなるのでしょう。気温自体はイリノイよりは高いはず。

昨夜はうちの大学の男子サッカーチームが強豪University of North Carolinaと戦っていたので、前半だけ観戦。ボロ負けするかと思いきや、かなり善戦していたと思います。結果は0-2だったし、観ていて悲しくなってきた、0-8で負けたフィールドホッケーの対North Carolina戦とは違いました。要所要所目を見張るプレーはありましたが、そこまで迫力を感じませんでした。

昨日早く寝たら今日は早朝に目が覚めました。家にいるとだらけそうなので、カフェが空く時間になったら外に出ようと思います。今夜はフィールドホッケーはアウェイゲームなので、Harrisonburgというところへ行ってきます。割と強豪のようですが、今のうちのチームの雰囲気はなかなかいいと思いますし、勝てる可能性はあると思います。ちゃんと点を決めることができればね。試合後は私のリクエストにより(?)Jimmy Jonesのサンドイッチをオーダーです。バージニア来てから初めてのJimmy Jonesとなります。気持ちいい状態でJimmy Jonesをゲットできるよう、私は私にできることを!笑
[PR]
by atmtk | 2009-09-30 18:32 | 日常

キャンパス探索

月曜日はフィールドホッケーの練習がないことが多いので、わりと短時間で終われる日だったのですが、陸上の練習をカバーしないといけないので、今週からは毎日短くて6時まではATR滞在となりました。まあ今週までほぼフィールドホッケーのみで、陸上には手をつけてなかったのですが、一応陸上も担当なので、ちゃんと待機しろとの令がでたわけです。何気にあと6週間ほどでフィールドホッケーのレギュラーシーズンは終わってしまうのでね。

さて今週はうちの大学では多文化週間?らしく、今日は留学生の団体とダイニングセンター共同主催の多文化夕食バイキングをやってました。学生じゃないくせにちゃっかり人の輪を広げようと思って、留学生の団体に入り込んだ私は、その情報を聞きつけ、本日初めてうちの大学のダイニングセンターに行ってきました。最近作られたのか、中はとても綺麗で、食材も豊富。今日はいろんな国の料理が用意されてましたが、普段もかなり選択肢があると思われる設備でした。肝腎の留学生との出会いはほぼなかったに等しいのですが、留学生の団体を仕切っている韓国人の男の子とちょっとだけ話しました。

ダイニングセンターのある建物やその周辺はまだ行ったことのなかったエリアだったので、発見がいろいろ。田舎だからか、キャンパス内の食事施設は充実していました。生徒数は半分なのに、私の通っていた大学よりも確実に豊富でした。Student Centerの中にも初めて入りましたが、なかなか綺麗でしたし、なぜかAsian mix Japanese的なお店も入ってましたし、申し分ない施設だと思いました。ダウンタウンにも中国人経営者によるナゴヤスシなるお店がありますし、隣町にも日本食レストランがあると聞きました。まあまるで期待してないので、そんなに行く気はないのですが、気にはなりますね。この辺の人はアメリカナイズドされたものとはいえ、スシが好きなのかも。
[PR]
by atmtk | 2009-09-29 11:05 | 日常

久々の快勝

今日はホームゲームでしたが、5-0にて快勝!!
二週間ぶりの勝利に、私もいい気分になれました。余裕があったため、一部の一年生が初めての試合出場を果たしたり、5点は全て違うプレーヤーによって決められた得点だったりで、盛り上がりました。まあでも厳しいことを言えば、もっと点を決めないといけなかったと思います。それができないから、負けてきてるわけで、今日の相手だったらもっと決めないと、ね。

今NCAAのランキングチェックしてみたら、今日の相手最下位・・・。しかも今まで3試合勝った相手すべて下から数えて6番以内に入る学校と言うことが判明。そりゃあ勝たなきゃね。次の相手は割りと強豪みたいですが、ぜひとも今日の流れをつなげて欲しいですね。

今のところで働き出して6週間。何気にUndergraduateの学生3人を私がClinical Instructorというかたちで持っているのですが、教えるのはなかなか難しいですね。実習に対する態度とか気になるところは結構あります。ささいなことかもしれませんが、こないだ私は練習中にお手洗いへ行くことを指摘しました。フィールドホッケーのフィールドからはちょっと歩かないとトイレはないので、一度行くと最低5分はかかります。練習時間は大抵2時間~2時間半くらい。一人の生徒がこの間に2回トイレに行きました。その日だけならともかく前にも数回そういうことがあって、ちょっと気になってたので、そのことを注意。本人はものすごく不服そうでした。

まあそのトイレに行ってる時間で何かが起きる可能性は少ないかもしれませんが、たかが2、3時間の練習で、2回もトイレに行く必要はないはず。しかもきっとそれを促してるのは、ゲータレードを飲んでるからだし、そんなのコントロールできること。そういったら、そんな理由で脱水症状になりたくないとか言われましたが、なるわけないだろ。。。せめて紅白戦など接触プレーの多いドリルの最中は抜け出すなと言ったら、不満そうでしたが承諾はしてくれました。

何もおきないからって気を緩めすぎなのも原因だと思います。Footballとかだったら、練習中にトイレなんて行ってられないでしょうし、座ることもないっていうのに、、、。些細なことだとしても、何のために実習に来ているのか考えて、しっかり緊張感をもってやってほしいです。
[PR]
by atmtk | 2009-09-28 11:57 | 考えたこと

W&M

木曜から金曜にかけてWilliamsburg, VAへ行ってきました。
あそこを都市と感じてしまうのは、私の感覚が鈍ってきている証かもしれません。。レストランやカフェも豊富にあるみたいで、アウトレットモールもあるし、ダウンタウンには行かなかったけれど、印象としては住みやすそうです。バージニアでは有名なバージニアビーチも近いですしね。

木曜日は3時半に出発して途中寄り道をして、周りに何もないところにぽつんとあるイタリアンレストランへ行きました。なかなかいい雰囲気で、ワインを飲みたくなりましたが、飲めるわけはなく。食事は味が濃いパスタを選んでしまって、ちょっとしつこかったです。前日が一人の選手の誕生日、当日がアシスタントコーチの誕生日だったので、ヘッドコーチがこっそりケーキを頼み、二人にサプライズ。驚きの笑顔は素敵です。チームっていいな。

その後2時間かけて、10時頃目的地のホテルに到着。そのままその日は解散でした。遠征に行くと、いつもと違うベットで寝るということもあり、朝は必ず早く目が覚めるので、毎回走りに行っています。なので、昨日も朝起きて、ジョギングで街探索。迷うのが嫌なので、大きなストリートをひたすら走って、引き換えしてきただけですが、、、。College of William & Maryは建物は古いものが多そうですが、いい雰囲気でした。そうそう、ホテルで朝ごはんをガッツリ食べれるのも、遠征先で朝食前に運動する理由ですw

朝食後はちょっと練習しに行って、一旦ホテルへもどり、お昼へ。このチームはPaneraが好きです。まあ余り時間がかからず、それなりに健康的で、値段も張らないと言う点で魅力なのでしょう。試合は6時からだったので結構空き時間がありました。あまり意味はないかもと思いつつも、数人の選手にホテルにあったHot Wirlpoolに足だけ浸からせて、その後ストレッチ+マッサージなんてやってみました。

肝腎の試合は、、、1-2で負け。ディフェンスはこちらのミスによって決められた得点だったのですが、オーバーオールで観たらよかったとは思います。ただ点を決めなきゃ勝てないよということ。決定力が足りません。惜しいチャンスはあったけど、それを決められるようにならないと、この先もきついでしょう。唯一の得点はストロークとよばれるサッカーのPKのようなものによる得点でしたから。間髪いれずに日曜に試合があるので、この悔しさをしっかりぶつけてほしいです。
[PR]
by atmtk | 2009-09-26 23:14 | Athletic Training

救命

救命病棟24時の第4シリーズを観ました。
このシリーズは好きで、第一シリーズから観てます。

医療モノは人の命をテーマにできるだけ、感動を誘いやすいですね。毎回のように泣かされます。第3シリーズのときはかなり泣いた気がします。今回も幾度と泣かされました。

救命医の労働時間はすさまじい。12時間勤務だけでもすごいことなのにそれで休みがなかったりする。しかも人の命を預かるというとてもストレスフルな仕事。がんばりすぎて倒れてしまう人や、ストレスで精神的な病気にかかる人いっぱいいるんだと思う。アスレチックトレーナーもシーズン中は休みはないけれど、ストレスのかかり方は救命医に比べたら断然楽だし、12時間勤務はあってもプレシーズン中くらい。そう思うと、疲れたなんて言ってられません。

今回の救命病棟は救命医療の改革を提起していましたが、その過程の権力、政治に関する描写のところでは「踊る大走査線」を思い出しました。現場でがんばる人と、上にいって、根本を変えるためにがんばる人。根本的なシステムを変えるには、必ず上でがんばる人が必要です。ユースケサンタマリアの役はなかなかかっこよかったです。ドラマにありがちな予想できてしまう展開が最後にあってあれは入らなかったという気もしますが、まあそんなもんでしょう。

明日からCollege of William &Maryに行ってきます。
現在2勝4敗。悪い流れを断ち切ってほしいです。
[PR]
by atmtk | 2009-09-24 11:16 | テレビ

質問と発言と

今朝ちょっとプレッシャーを感じて4時過ぎに目が覚めた。
緊張してるんだなと実感。でもそのまま一時間くらいは浅い眠りをくりかえして、結局おきたのは5時半くらい。今日はATRオープン担当の日だったので、6時半出勤。緊張していた内容はたいしたことではないんだけど、自分でも実感していなかったくらいの責任感があったんだと思う。やらなきゃという気持ち、大切にしたい。

今日はある選手の怪我による医者との予約があったので、それに付き添う。チームドクターの知識の幅の広さはホント尊敬する。少しでも多くの経験をして、勉強して、成長しようというモチベーションになる。相変わらず私は質問するのが苦手だけど。。。

大学時代、結局一度も授業中に手を上げて質問しなかった。なんかいっつもビビッちゃう。答えがわかってても手を上げて発言することもほぼしなかった。しようとして手を上げる段階ですごく緊張してた。間違えることが怖かったと同時に、わかってることを自慢してるようにとられたりするのが嫌だった。後者は日本で植え付けられたもので、アメリカではそんなふうに思われたりしないとは思うが。とにかくそんな自分は今も変わらず。

積極的に質問できることは素晴らしいことだと思う。
一歩を踏み出す勇気が必要だ。
[PR]
by atmtk | 2009-09-23 09:00 | 考えたこと

この瞬間に

その瞬間、彼は左手で顔を覆った
仲間の練習する姿を見て、その中に自分がいないことを実感して
悔しさに顔をしかめ、彼は一人静かに泣いていた

二頭腕筋の損傷により、そのシーズン、もう戦えなくなった彼
チームのトップ選手の一人だった

---------------------------

前日、競技のなかった彼女はTシャツにジーンズのショートパンツ、ビーサンという格好で会場入り。チームの中でも際立って美人な彼女は、サングラスをかけて静かにベンチに座ってた。仲間が走れば、立ち上がって近寄って、大声出して声援をおくる。陸上もやっぱチームだなって。
彼女のレース当日、昨日とは違ってユニホーム姿で、真剣な表情をしている彼女がいた。レースが近づくにつれ、だんだん空気が張り詰めていく。ヨーイドン!
レースには勝った。でも私はわかってなかった。彼女のアスリートとしての熱い気持ちを。

チームメイトたちの集まるベンチに戻ってくるなり、悔しさをあらわにする彼女。レースに勝っても、自分のパフォーマンスに納得できなかったのだ。

他の競技をいくつか見て、途中トイレに向かった私。その途中、目に入ってきたのはベンチに座ってうつむいている彼女の姿だった。悔しさがにじみ出ていた。そして側には彼女をそっと見つめるチームメイトの姿。今ここで生きてんだ。大好きなんだ。これに賭けてんだ。

たまんない。
[PR]
by atmtk | 2009-09-22 09:59 | 考えたこと

オーバータイムの末に

本日ホームゲーム。
相手はNJにあるRiderという大学。
オーバータイムの末、0-1で敗北。

特に怪我はなく終わったものの、イエローカード4枚に加え、複数のグリーンカードも出されたちょっと荒れた試合となった。これらは反則のときにだされるものだが、グリーンカードはサッカーで言うイエローカードみたいなもの。といっても累積とかで試合に出れなかったりするのかどうかとかは知らない。Field Hockeyのイエローカードはもらうと指定された椅子に5分間座っていないといけなくて、その間はコーチ、チームメイトとは会話できない。でも5分経てば試合に戻れるので、完全に退場というわけではない。これはIce Hockeyにもあった気がする。

でも実際今日の試合が荒れてたというよりは、審判がちょっとおかしかった気はする。
うちの選手3人がイエローカードもらって、一時フィールド上に8人しか(本来は11対11で戦うところが11対8だった)いないときがあったけど、なんとか守って、オーバータイムまでいったのだが、最終的に二回目のOTで相手にゴールを許し、その時点で試合終了。その瞬間は時が止まった感じ。私はかなり冷静だったとは思う。

私にとってはじめてのオーバータイムとなり、また新たなルールも学びました。
体調不良の選手が2人ほどいたのですが、私に出来ることなんて大して何もなく、しょうがないながらにふがいなかったな。明日からまた新たな一週間。しっかり切り替えてもらいたいですね。
[PR]
by atmtk | 2009-09-21 10:52 | スポーツ

クラシック音楽とフレンチプレス

勉強している間に音楽をかけると、たまに歌詞が気になったりして、上手く集中できないときがある。で、そういう集中できないときは、クラシック音楽などの歌詞のない曲を聴きながら勉強する。全く音楽をかけないときももちろんある。今日は勉強してたわけじゃないけど、そういったInstrumental Musicを聞いてたら、いい気分になれた。これにはブザービートを観た影響があります。

夕方、5ヶ月ぶりくらいにフレンチプレスを使ってコーヒーを煎れてみた。ちょっと粉がでるけれど、全然平気。ハウスメイトがでっかいコーヒーメーカーをキッチンに置いてるんだけど、なんか常にコーヒー入ってるし、あんまり綺麗じゃなさそうだから、使いたくないんです。笑 自分でもコーヒーメーカー持ってるんだけど、あまりキッチンをごちゃごちゃさせたくないので、フレンチプレスでいれてみたわけです。フレンチプレスでの煎れ方というのもあるわけで、最初は少量のお湯を注いで少し蒸らし、それから分量のお湯をいれて数分待つ、そしてプレス!みたいです。

コーヒーの香り、いいですね♪
明日はフィールドホッケーホームゲームです。相手はそれなりに強そうですが、ホームアドバンテージを生かし、ぜひとも勝ってほしいですね。私は私にできることを。
[PR]
by atmtk | 2009-09-20 12:34 | 日常

トップランクの実力

と言うことでUNC at Chapel Hillに行ってきました。
結果は0-8。結果だけ見るとひどいですが、うちのチームはがんばっていたと思います。後半ちょっと力尽きてましたね。実力は完全に相手が上。でもビックゲームだという雰囲気、最初はちょっと空気に押され気味だったけど、その後ちゃんと持ち直してたので、良かったと思いますが、全てにおいて相手の方が上だったなというのは否めません。UNCはこれで7戦全勝だそうな。

UNCのラクロスチームのロッカールームを使わせてもらったので、中に入りましたが、さすがUNCと言う感じで、いい施設でした。うちのチームなんてロッカールームないですからね。Division I といえど、本当にピンきりです。

降らないかなと思っていたら、試合開始と同時に雨が降ってきて、終始雨の中でのゲームとなりましたが、相変わらず大きな怪我はなく終了。問題はいくつかありますけどね。Field HockeyというマイナーなスポーツにまでブラスバンドがつくUNCですが、雨で撤退してました。

友達につなげてもらって、また新たな出会いもありましたし、色んなとこにいけるのはいいですね。次はホームゲームをはさんで、William & Maryに行きます!
[PR]
by atmtk | 2009-09-18 11:09 | Athletic Training


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧