<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ちょっとだけ天声人語風に

最近の出来事から

ずっと欲しかった陸上部の服と靴をもらった。Tシャツ、トレーナー、トレーニングトップにNike Plus対応のランニングシューズ。それをきっかけにNikeのランニングアプリケーションをチェック。Sportsbandを買おうかどうか迷っている。雪も融けてきたし、そろそろ本格的に走り始めたいところ。

テレビから日本人がしゃっべってるっぽい英語が聞こえてきたと思ったら、トヨタ自動車の欠陥車についての謝罪の映像。最近はCMでも信頼を取り戻そうとする動きが見れる。一度失った信頼を取り戻すのは大変だが、これからも世界のTOYOTAであってほしい。

バンクーバーオリンピックフィギュア女子SP。キムヨナ選手の強さは圧倒的。でも真央ちゃんもすごい。もうなんかメダルとか勝ち負けじゃなくて、素晴らしい演技を見せてくれたら、私は満足できます。フリーの演技が楽しみだ。

昨夜キャンパス内のスターバックスにて久々にチャイティーラテを頼んだ。キャッシャーが何らかの理由でシャットダウンしてしまったとの理由で、なんと無料でもらってしまった。ありがたいと思うと同時に、また来て今度はちゃんとお金を払って買いますという気持ちをいだく。

今朝の陸上部の練習での出来事。一般の人にも時間限定で使用を許可しているインドアトラックで練習をしているのですが、レーンもなく結構狭いのです。練習前に選手がトラック内部で靴を履き替えたり、ストレッチをしたりしていたところ、トラックを走っていたおじさんが激怒。悪いのがこっちだというのはわかっていたけど、なんだこいつと思ってしまった。怒鳴って文句を言われると全くいい気はしない。言われた選手たちも逆上。彼がもし優しく、危ないから別のところでやってくれと言えば、こころよく受け入れたかもしれないのに。池上彰さんの「伝える力」という本で、苦情をうまくつたえる方法みたいなことが書いてあったけれど、自分の主張をただ押し付けるだけでは伝えたいことは伝わらない。コミュニケーションは相手あってのものですね。

2日、3日少ないだけでも2月はやはり短く感じる。来週はもう3月です。
週末はClemson, South Carolinaにて、インドアのカンファレンス大会。そしたらアウトドアへ。

3月ダッシュ。

f0127915_1048772.jpg

[PR]
by atmtk | 2010-02-25 10:49 | つれづれなるままに

ボストン

先週末ボストンへ行ってきました☆
ボストンにはなんとなく憧れていて、アメリカにいるうちに訪ねてみたい都市の一つでした。そんなに観光できる時間はなかったのですが、それでも魅力をいっぱい感じさせてくれました。

Boston Redsoxの本拠地、Fenway Park。現在MLBで使われている中では最も古い球場です。初日の夜は、そんな球場にあるBleachers Barというお店でディナーを頂きました。

http://bleacherbarboston.com/flash/

その名の通りといいますか、このお店は外野のBleacher(簡易な観客席、ちょっと調べてみたら外野席っていう意味もあるようです)の真下に位置していて、そこから球場の様子が見れるのです。2月の寒いボストン、オフシーズンで、もちろん選手などいない時期だったので、そういう雰囲気が全く感じられなかったのは残念でしたが、それでもいいなと思えるBarでした。

試合の日には間近でウォームアップしている選手が観れたり、もちろん試合も観れるそう。ただ試合のある日にこのお店に入るのはやはり大変なようです。Red SoxはMLBの球団の中でも相当ファンが多いチームで、Bostonに限らず全米各地にファンがいます。試合もとても人気でチケットを取るのは大変だそうです。ちなみにCubsもそういう球団です。

そういうアメリカのスポーツに対する熱さが好きな私にはたまりません。ぜひともシーズン真っ最中のFenwayに足を運んでみたいものです。

翌日は午前中が今回のボストン滞在でのメインイベント。時間が出来た午後はボストン美術館へ行きました。正式名称はMuseum of Fine Arts, Boston。全米の中でも指折りの大きさをほこるこの美術館はヨーロッパ、アメリカはもちろんアジアのアートも豊富。日本とのつながりも深く、日本の仏像や刀なんかも展示されています。夏季期間だけオープンしている日本庭園もあるのですが、2月だったのでもちろん閉まっていました。

個人的には、昔、模写したことのあるミレーの「種まく人」があったことが印象的でした。中学生のときに美術の課題で有名な絵を模写するというのがあったのですが、そのときに選んだ作品だったのです。

しかし、何を勘違いしたか、土曜日だったその日を平日と思っていた私は、閉館時間16時45分というのに気づかずにたった一時間半ほどしか観れなかったのでした。。入館料$18(本当は$20のところ学生を装いました。ビザは学生だし。)と高かったので、しっかり満喫しようと思ったのに、本当にショックでした。どんなものがあるのかと日本のセクションなんかをチェックしてた時間が惜しいと思うほど、ヨーロッパ系の絵をほとんど見れずに終わったのでした。

これは後で知ったことなのですが、ボストン美術館の入館券は10日以内なら再入場が可能です。このことを知っていたら、私は翌日の日曜日にまた行っていたと思いますが、時既に遅しでした。

泣く泣く美術館を追い出された私は冬のちょっと寂しい公園を散歩。アメリカの都市にある広々とした公園は好きです。その都市の人々のこころも豊かになるし、生産性もあがるんじゃないかと思います。マラソンもとても有名なボストン、冬でもランナーはいっぱいいました。(ボストンマラソンは参加者にレベルの高めなタイム制限があり、一般のランナーたちはボストンマラソンに出場することが一つの目標であったりします。)

気分転換をした後は、Paneraにて夕食。なぜどこにでもあるPaneraかというと、その後のアイスホッケーの試合の時間を考えて、適度にさっと済ませられる場所だったからです。Paneraだけど、ボストンを意識して、Salmonのサンドイッチとクラムチャウダーを食べてみました。

初めてのNCAA Division Iのアイスホッケーの試合。Boston University vs. University of Maine。ボストン大学は昨年のNCAA Championshipを制覇し、全米1位に輝きましたが、今年は主力が抜けてそこそこの模様。試合は均衡していて、見ていて面白かったです。結果はBoston Universityの勝利。土曜日の夜だけど空席も結構あって、こんなものかとちょっとがっかり。6000人だか7000人だか収容できるみたいですけどね。この状況にがっかりしてしまうのは、日本で考えたらありえないことですけどね。アイスホッケーはアメリカの中でもミッドウエストから東の方だけ盛り上がっている感じなので、大学アイスホッケーがどの程度の人気をほこるのかわかりませんけどね。

試合後はバーへ行きビールをお供にバンクーバーオリンピックとNBAオールスターの前夜ショーを観ながらおしゃべり。立ちっ放しでいたら、ちょっとしか飲んでないのに、一瞬すごく気持ち悪くなった。やはりストレスは溜まっていたのかなと。

翌日日曜は完全にフリー。泊めてもらっていたこともあって、動きづらかったので、午前中はだらだらと過ごしていました。ボストンにいるのにもったいないとは思いつつも、観光メインで来たわけではないので仕方ないと思うようにしてました。

お昼はボストン近郊に在住のATCの方と、大学院でATCを目指して勉強中の方とお会いしてシーフードを頂きました。さすが港町だけあって、シーフードはおいしかったです。新しい出会いにも感謝。楽しい時間が過ごせました。昼食後はボストンのダウンタウンの方へ行き、Qincy MarketやらSouth Endやらを探索。人気のBakeryに行ったりと、都会気分を味わいました。港町だけあって、サンフランシスコのFerry Building付近に似た空気もあり、サンフラのことも懐かしく思い出したり。ゲイの町として名高いサンフランシスコですが、ボストンにもゲイの人たちが結構いるようです。土地の環境と言うのは関係あるんですかね。(と言いつつこのことはボストンから帰って来てから知ったのですが)

と言う感じでなんとなくボストンを満喫したものの、ハーバード大学など行けなかった場所もいっぱいあり、また来たいなと思ったボストン旅行でした。帰りはボストンからNYCに乗り継いで、North Carolinaへ。飛行機から見える都会の街並みは綺麗でした。空港のない町に住む私はNorth Carolinaから二時間半かけて運転して帰って来たのですが、途中なんども寝そうになりながらも、コーヒーを飲んだりしながらごまかしてなんとかたどり着きました。そんな運転中に翌朝は6時半出勤してねという連絡が入り、うおーいと思いつつも、翌朝6時起床にて再びいつもの生活に戻ったのでした。(20分で準備して職場まで10分です)

疲れを残したまま入った先週は散々でした。切り替えがうまくいってませんでした。今週は有意義に時間を使えるよう気を引き締めていきます。オリンピックも折り返し。楽しみましょう。
[PR]
by atmtk | 2010-02-22 10:54 |

スーパーボウル

雪の降った金土を越し、本日快晴なり。
二日間家に篭っていたので、外へ出た。道路はちゃんと除雪されていて、怖い思いもすることなく、一日満喫。新しい出会いがあったり、買い物に行ったり、カフェでコーヒー飲んだり、休日らしく過ごした。夜に備え、ビールを買ったのだけど、アメリカでお酒を買うのが久々すぎて、IDを表示しろと言われ、ちょっと戸惑ってしまった。(アメリカでは結構厳しく年齢チェックが行われます)

夜はSuperbowl。全米No.1をかけたFootballの試合です。
ガカモーレをささっと作って、チップスをディップしながら、ビール片手に観戦。雰囲気に飲まれるの結構好きです。流されやすいともいえます。なかなか面白い試合でした。New Orleans Saintsの初スーパーボウル制覇。最初の方はこりゃあColtsが勝つかなと思う内容でしたが、Saintsの戦略と気持ちでの勝りようが勝利につながったと思います。ヘッドコーチのペイトンさんはかっこよかった。今まで勝ったことのなかったチームが勝つというのも観ていて気持ちよかったし、感動させてもらいました。

また、Superbowlといえば、視聴率も高いため、企業はコマーシャルにとても力を入れるので、凝っているCMがいっぱい流れます。試合の途中、どちらかというとCMのほうに注目していたりもしました。個人的にはGoogleもコマーシャルに惹かれました。

うっかり3連休も終わり、また新たな一週間。でも実は私は次の週末も3連休です。諸事情により、お休みをもらったので。さ、今週も楽しんでいきましょう。

おまけ

日本帰国中に六本木ヒルズから撮った写真。
私は東京の展望台のなかで一番いい眺めができるのは六本木ヒルズだと思います。東京タワーが近くに見えますし、窓は広々として大きい。屋外にも行けます。展望台だけでなく、美術展示もセットになっているのがいい。日本に帰ると大抵行っています。おすすめは夕方上って、夕焼けと日の入りを見た後、美術館で鑑賞、その後展望室に戻って今度は夜景を見るというコース。お試しあれ。

f0127915_12565681.jpg

[PR]
by atmtk | 2010-02-08 13:05 | 日常

動き続けているとバランスを保っていられる

外は先週末のようにまた雪が積もり、大学も休校となったので、私も休んだ。陸上部は一部の選手がコーチ全員とともにNew Yorkで行われている大会へ行っていて、残されたほかの選手はコーチに指示された個人練習。今日、みんなが練習していたかは不明だけど、車運転するのも怖かったし、結局家に篭った。二年前に学生として陸上部で実習していたときにも、雪で学校が休校になったことがあって、実習もないだろうなということで行かなかったんだけど、あとで、選手が練習をしていたことを知った。このときも個人練習でしかなかったので、問題はなかったのだけど、そのときのスーパーバイザーに次のフレーズを言ったら許すと冗談まじりに言われた。

"I got stuck in the snow bi□ch."

普段、そんなような言葉を使わないから、面白がられたわけで、その後も卒業するまでこのストーリーは生きていた。そんなに長い間語られるほどのものではないと思うんだけど。

ふとこの出来事を思い出して始まった今日。
家に引きこもりとなったから、先週末に引き続き、本を読んでいた。篭っていると運動不足だから読書しながらストレッチとか軽い運動をしてみた。爪先立ちで本を読んでいたら、その場所にとどまっていることはなかなかできないのだけど、動き続けていると、爪先立ちという状態は保ちつづけられた。自転車も同じといえるかな。でも爪先立ちは訓練すればずっとその場にとどまれるようになるだろうから、その場にとどまることが目的ではない自転車とは違うとも思う。

爪先立ちは立っていることを維持するために動き続けているだけだ。忙しさに流されて、そのときはうまくやっているように感じても、実はぐらぐらで、気づいたときには倒れてしまうかもしれない。つま先立ちからはそんなことを連想する。逆に自転車は、スピードをだせば平坦な道は両手を離してでもすいすいいけるように、物事を軌道に乗せれば、障害がない限り、うまくいく。

ちょっとしたことから思考は飛躍する。
気になっていた本、「思考の整理学」を読んだ。さすが売れる本は面白い。アイデアの出し方、考える力、脳の整理の仕方など。「地頭力を鍛える」も読んだけど、考えると脳が使われている感じがして気持ちいい。身体を動かすことで思考も整理されるという。じっとするのではなく、何かをしながらする読書を続けていこうか。
f0127915_932516.jpg

f0127915_9345855.jpg

[PR]
by atmtk | 2010-02-06 09:33 | 考えたこと

まだ二月

日々のちょっとした出来事から学ばされている毎日です。コミュニケーションがもっとうまくできるようになりたい。英語まだまだです。はっきりしゃべりなさい、自分、と思うくらいに。

週末の雪は結構積もりまして、雪かきして、車を救出するのに一苦労でした。おかげで筋肉痛とともにスタートした今週。週の半ばでも雪が降り、また週末にも降るといってます。イリノイ並に降ってるんじゃないかと。。全体的な気温は暖かいんですけどね。だから今のところ、冬にうんざりって気持ちにはなっていないし、むしろ夏にここへ移ってきて、そこから秋、冬と景色が変わっていくのを楽しんでいたりします。

二月になりましたね。日本に一時帰国していたときに比べ、ペースはがくんと落ちていますが、こつこつと本を読んでいます。電車の中のように、できることが限られていると、その分集中できるというのがあるため、日本にいるときはよく本を読むのですが、アメリカにいるともっぱら車での移動なため、自分で意識して時間をとらない限り、読まないんです。

最近思うのは、有名な言葉や考え方は色んな本に共通してでてくるということ。例えば、コップに半分水が入っているのをみて、まだ半分あると思うのか、もう半分しかないと思うのかの違いだったり、孔子の言葉だったり、シェイクスピアの言葉だったり。テーマが似通った本だと、根っこの部分ではさほど違いはないのかも。

今週はうちの大学、ホームカミングだそうです。陸上部はとくにイベントもないし、メインキャンパスにめっきり足を運ばない私にはホームカミングだからといって、どうということもないです。日曜日には12月に雪のためキャンセルになってしまった卒業式があるそうですが、また週末に雪という予報もありどうなることやら。

思考がバラバラに飛んでいますね。まとまった文章を書くには、一度自分の頭のなかでテーマを考え、筋道を立てる必要がありますね。何事も練習、練習。

30

f0127915_11483323.jpg

[PR]
by atmtk | 2010-02-04 11:48 | 日常


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧