<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

雑記

週末は東海岸がハリケーンによって大変なことになっていましたが、ここイリノイ州は湿度が低めのいい天気が続いています。いろいろあって、土日は走らなかったので、今日は仕事後にしっかりと走りました。往復で4マイルほどのジョギングと坂道ダッシュ。往復の4マイルも手応えアリの気持ち良いペースで走れたし、満足。選手たちに負けず、私もしっかりトレーニングに励みます。

明日から正式にソフトボール担当になる人が働きはじめる予定で、今日は下見に来ていました。というこで、今日のコンディショニングが私が正式にソフトボール部で働く最後の日となりました。まあ今週は引渡しということで、ちょっと手伝うと思いますが。コーチが今日で最後だよーとか選手たちに言うもんだから、思わず泣きそうになってしまって、必死に笑顔作ってごまかしていました。ダメだね、まだ働きたいと思っちゃってる。

一方で、その新しく来る人が担当予定のチアリーディングも今は一時的に私がメインで見させてもらっているのだけれど、こちらの引渡しはできることならなるべく早めにお願いしたい気持ち。練習時間が夜の火木日の6時半ー9時半というとても微妙な時間帯だし。でも少なくとも今週一杯は私の担当になりそうだし、もしかすると土曜の今年のフットボールのホームオープナーで、チアリーディングを観ないと行けないかも。私がチアリーディングやるよ、と言ったので、自業自得なんですが。でもヘッドアスレチックトレーナーとかチアリーディングのこととか全然考えてないと思うんだよな。。。

メインでみることになっている水泳部の方は、新学期のバタバタ感と、ソフトボールとチアリーディングのカバーにおわれてまともに時間を避けていない。来週、正式に練習が始まるときに本腰入れられればいいかなと思います。今週はまだ授業が楽なのが救いです。

つまらないエントリーになってしまったので、最後に本の紹介でも。
1991年6月、11歳の少女がカリフォルニア州で行方不明になりました。その少女は、フィリップ・ガリドーとその妻、ナンシーによって、誘拐され18年間もの間、彼らの庭で監禁/軟禁生活。その間に、レイプされて二人のこどもも産んでいます。11歳で誘拐されたJayceeさんは現在31歳。その彼女が監禁されていた間のできごと、見つかって、自分の人生を取り戻そうとがんばっている話が書かれている本が今年発売されました。タイトルは”a stolen life”。実はまだ読み終えていなくて、あと10ページほどあるんですが、苦しくて、悔しくて、寂しくて、嬉しくて、泣けました。この人はしっかりした強い人で、だからこんな18年間を乗り越えて、今もその苦しみを抱えながら生きていけているんだと。今夜にでも読み終えます。最近は飽きっぽいのか5冊くらいの本を平行して読んでいるけれど、この本を含める2冊はあとほんのちょっとです。日本語版は出ていないと思いますが、気になった方はぜひ。読書は体験です。
f0127915_11532570.jpg

[PR]
by atmtk | 2011-08-30 11:54 | 日常

Sweet Corn Festival

イリノイといえば、とうもろこし。
昨夜はこの週末に行われているローカルなとうもろこし祭りに行ってきました!
Illinois State Universityのあるノーマルでも同じような祭りがありましたが、ここアーバナのそれのほうが規模は大きくて、あまり期待せずに行ったけど、お店もいっぱいでていて、楽しめました。

とうもろこしは茹でてバターづけになったものを一本1ドルで売っていて、まずはじめに買いに行って、その場で食して、満足。けれど、やっぱり焼きとうもろこしに醤油のほうがおいしいと思います。アメリカでは基本ゆでて、バターと塩や胡椒です。

ローカルバンドの生演奏に耳を傾けつつ、夏の夜、わいわい。風情とか言ったら断然日本の祭りのほうがいいけれど、大きなトラクターやヘリコプターが飾られていたり、ローカルなお店の出店があったり、それはそれでいいものです。私はとうもろこしの他にPulled Pork Sandwichと友達と一緒に買ったFunnel Cakeを食べました。まさにアメリカン。

その後はダウンタウンのバーでアメリカンビアーを飲み、金曜日の夜を楽しんだのでした。
今朝は遅めの出勤で、ソフトボールのコンディショニング。坂道ダッシュ!一年生の5人中2人脱落しちゃいました。夏の間あんまり走っていなかったのが目に見えてわかってしまいます。そんなコンディショニングを見ながら、私も今度ここで坂道を走りに来ようと心に決めたのでした。

シアトルまで残り3ヶ月。
f0127915_1184877.jpg

f0127915_119793.jpg

[PR]
by atmtk | 2011-08-28 11:09 | 日常

カバー

カバー曲ってどうしてもオリジナルの曲と比べられてしまう。
YouTubeで何らかの曲がカバーされている映像を見ると、コメント欄には必ず、原曲のほうがいい、ってコメントがある。逆にカバーのほうがいいって人もいる。でもそもそも比べるものではないと思う。歌う人が違えば、違う味がでる。

素晴らしい曲だからカバーされる。カバーされることによって、その音楽は広がる。カバー曲を聞いて、オリジナルを知ることがいっぱいある。私はMr.Childrenが好きで、桜井さんの声が好きで、Bank Bandも大好き。Mr. ChildrenやBank Bandがカバーした曲を聞いて、オリジナルを知った曲は数知れず。出会わせてくれてありがとうと思える曲がいっぱいある。

糸(中島みゆき)ーBank Band ver.
歌うたいのバラッド(斉藤和義)ーBank Band ver.
有心論(RADWIMPS)ーBank Band ver.
若者のすべて(フジファブリック)ーBank Band ver.
ひとつだけ(矢野顕子)ーBank Band ver.

まだまだかなりいっぱいあるんですが、このくらいにしておきます。
ap bank fesにはいつか行ってみたい。
実はフェスとかライブとか全く行ったことありません。
[PR]
by atmtk | 2011-08-26 13:22 | 音楽

Fall 2011

今週から大学は秋学期が始動。
キャンパスは人であふれかえっています。

私の担当スポーツはまだシーズンではないので、今は比較的ゆっくり。でも一年の始めなので、事務的なことはそれなりにあります。そして、まだ新しい人が来ていないので、水泳、ソフトボール、チアリーディングの3つを掛け持っていたりして、わりとバタバタです。

そして今学期に取っているクラスの一つには、なんと担当している水泳とソフトボールの選手がいて、あり得ると思ってはいたけれど、ちょっとやりづらいです。けれど、時間と科目の関係上、私にはあまり選択肢がないので、このまま行くつもりです。大学生と大学院生どちらでも取っていいクラスなので、そういうことになりました。

さて、最近はやってみたかったことが続々と実現できています。
小さなことではありますが、行きたかったレストランに連れて行ってもらえたり、やってみたいと思っていたゴルフに連れていってもらえたり。私は定期的にやってみたいことリストを作ります。リストにすることで、それはTo do listみたいな位置づけとなり、これやらなきゃという気持ちが強くなります。思っているだけじゃなくて、紙に書くことで、脳に強く刷り込まれ、実現に近づくのかな。イリノイ州に住むのも今年が最後になるかもしれないので、ここでしかできないことはやりつくしたいと思っています。

動きますよー。

これもリストに書いた、土曜朝のFarmer's Marketへの参加。今夜はここでゲットしたグリーンビーンズと桃を食べたのでした。
f0127915_11314434.jpg

[PR]
by atmtk | 2011-08-25 11:33 | 日常

Preseason NFL: Redskins at Colts

プレシーズンゲームですが、NFLの試合を初めて生で観てきました。
場所はインディアナポリスのLucas Oil Stadium。このスタジアム、まだできて3年目と新しく、屋根と大きな窓が開閉式となっているドーム型スタジアム。というか、なんだかとっても大きな倉庫って感じでした。

オープンして間もない頃に一度インディアナポリスに行ったことがあり、外観は観たことがあったのですが、あの窓が開閉式とは知りませんでした。
f0127915_2154047.jpg

屋根はこんな感じ
f0127915_216528.jpg


気になって調べてみたところ収容人数は6万3千人とそんなに多くないですが、屋根が開閉式ということを考えればすごい大きさだと思います。新しいこともあって、席も全部綺麗ですし、これは屋外ではない利点かと思いました。晴れていて、気持ちのいい時だけ、上の写真のように開ければいいわけですし。ちなみに作るのにかかった費用は$720Millionだそうです。そして、これも調べて知ったのですが、バスケの会場にすると7万人入るそうで、2010年にはNCAA Men's BasketballのFinal Fourを開催したそうです。しかし、あの会場で一番上からバスケ観てもどうなのーって思いますが。さらにさらに、来年のSuperbowlの開催地がこのLucas Oil Stadiumで、既にグッズが販売されておりました。

対戦カードはIndianapolis Colts vs. Washington Redskins。
試合開始直前はかなり空席も目立ち、プレシーズンはこんなもんかーって思って観ていました。
f0127915_226206.jpg

国歌斉唱の場面。フィールド一面の国旗はすごいです。
f0127915_2264934.jpg

ハーフタイム間際くらいが、一番観客が多かったんじゃないかな。そのあたり、プレシーズンっぽいですし、アメリカらしいなって思います。それでも満員には程遠い感じでした。

試合はRedskinsの一方的な展開。アスレチックトレーナーの先輩であるH氏が働いているので、私はほとんど知らないながらもRedskinsを応援。綺麗なパスが、バンバン通っていました。コルツのディフェンスは全然ついていけてませんでした。攻守が変わってもコルツは全く責めれず、ファーストダウンすらなかなか取れずに、この試合で唯一の得点がなんとかもぎ取ったキックによる3点のみ。せっかくコルツのホームスタジアムなので、一本くらいタッチダウンを決めてもらって、盛り上がる瞬間を体験したかったけれど、それはかなわず。コルツファンはしびれをきらして4クオーターの最初のほうで帰っちゃったりもしていました。最後の方はもう完全に流して、結局16-3で試合終了。もうちょっとタッチダウンが観たかったです。でもあのスタジアムに入って、ああいう環境で観戦できたのは楽しかったので、満足。H氏に感謝です。

f0127915_2331123.jpg

f0127915_234134.jpg

試合途中で、あの大きな窓と屋根は閉まりました。
f0127915_2345770.jpg

f0127915_2351779.jpg

帰りに振り返ってとったスタジアムの様子。
f0127915_2372889.jpg

Bud Lightとコルツの青は見事にマッチしてますね。
f0127915_2433882.jpg


何気に今の位置から2時間で行けるインディアナポリス。場所によってはシカゴより近い。去年は全然行かなかったし、今年はインディアナポリスに注目していこうかな。
[PR]
by atmtk | 2011-08-21 02:47 | スポーツ

秋学期スタート間近

珍しく朝に更新。
今日は学部の大学院生用にオリエンテーションがあります。
来週月曜日から授業が始まるので、ようやくいろいろ動き出してきた感じです。新しく入ってくる留学生たちはもうキャンパスに来ていて、連日のオリエンテーション。アメリカ人の新入生も今日辺りからそんな感じ。で、週末には全学生帰ってきて、秋学期スタート。

夏休みが三ヶ月強というのは長い。
学生をしながらでも、これだけ夏休みがあると色々できる。
なんでもできるからこそ差もつく時期です。
私は、充実した夏を過ごしたとは言い難いので、ちょっと反省。
あとは、夏の間、全く顔を合わせることのなかった友達なり、選手なりがどう変わっているかを感じるのも楽しみです。

今週は新しい出会いもあって、世界を広げていただいてます。
やっぱり全ては自分次第。いろいろ考えて、アンテナ張って、「今しかできないこと」、「今だからできること」をやっていこうと思います。

そんなこんなで、明日は初めてNFLの試合観に行くことにしました。まだプレシーズンですが、プレシーズンでもNFLは全く観たことがないので、楽しみです。先週、今週とすっかり仕事がなかったのですが、今日辺りから仕事も少しずつ増えていくので、それも楽しみ。

さあ頑張っていきましょう。

この夏お世話になったポイントカードたち
f0127915_21363312.jpg

今まで買うならDiet CokeかCoke Zeroだったけど、デザインに惹かれ思わずCokeに手を出した。デザインは今年の私の一つのテーマです。
f0127915_21371312.jpg

[PR]
by atmtk | 2011-08-18 21:41 | 日常

Lakeshore bike ride

ちょっと恥ずかしくて書こうか迷いましたが、前エントリーのChicago Banditsの試合に行く日、私はシカゴでやってみたかた”あること”を決行しました。

それはミシガン湖沿いに通っているLake front trailを自転車で制覇すること。
秋スポーツのカバーをするでもなく、時間のあった私は、今こそやっておくべきだと考え、車に自転車を積んで、朝6時にシャンペーンを出発し、2時間ちょっとかけてLake shore trailの南の最果てへ。前日になんとなく確認したものの、地図も持たず、GPSもない状態で行きましたが、無事にたどり着けました。

そしてそこからバイクライド開始。
少し行くと早速湖が真横に。うーん、気分は上々。風も爽やかで気持ちよかったです。
ちょっと行くと、まずはこんな感じにシカゴの街が見えます。
f0127915_98139.jpg

まだまだ結構遠い。と、最初は写真を撮ったものの、その後はいちいち止まるのが面倒だったので、ひたすら自転車を漕ぎました。8マイルほどでダウンタウンに入ると、だんだんトレイルにも人が増えてきます。歩いている人、ローラースケートをする人、ランニングする人、そしてサイクリングする人とみんなそれぞれ。ベビーカーを押しながら走っている人も何人か見かけました。みなさん、パワフル。

そのまま北上し続け、Lake front trailは一旦終了。一度一般道路へ出ます。
無計画だった私は、少し行ったとこにある表示を見て、3マイルほどでEvanstonという街にいけることを発見し、まだNorthwestern Universityには行ったことないし、いってみようということで更に北上を続けました。そして、
f0127915_9154281.jpg

来ました、Northwestern University。ちなみに途中のトレイルで、男子サッカー部が走ってました。そのままキャンパスを抜けてちょっと行ったところで、少し休憩することに。
f0127915_9171528.jpg

このまま行けばもっと湖沿いを北上できたのでしょうが、この時点で開始から、1時間半以上経過していたので、ここからはきた道を引き返しました。

行きは、一度トイレに行ったくらいで、ほぼノンストップで来たので、帰りはちょっと休憩を。
スタバでフラペチーノを買って、こんな見晴らしの場所でしばし休憩。
f0127915_9201496.jpg

f0127915_9203096.jpg

ちなみにこの位置からシカゴの街を捉えようとするとこんな感じ。
f0127915_9211497.jpg


帰りは行きは全く取らなかったので道中の写真を少し取りました。
Lake front trailが始まるサイン。
f0127915_921547.jpg

f0127915_9232393.jpg

f0127915_9234082.jpg

f0127915_924031.jpg

湖といえど、海のないシカゴにとっては立派なビーチ。
f0127915_9243136.jpg

ネイビーピアの近くも通りました。
f0127915_925399.jpg

f0127915_9251816.jpg


ダウンタウンエリアを抜けると、残りはずっと湖を横目にひたすら進むのみ。
行きより多少気温も上がり、水も飲んではいたけれど、たぶん足りてなかったし、疲れもあって、長く感じましたが、無事に出発した地点へ到着。出発から実に4時間くらい経ってました。距離を測る機械は取り付けていないので、実際に何マイル走ったのかは不明ですが、おそらく50マイルくらいいっていたと思います。つまりは80km弱。そんなつもりはなかったけど、思いがけず、ね。

さすがにちょっと疲れて、車を停めていたところで小休憩していたら、となりのゴルフ場からおじさんが話しかけに来て、何マイルやったの?と聞かれ、50マイルと答えると、フェンス越しにハイ・ファイブをくれました。アメリカのこういうとこ、結構好きです。で、付け足すように、このあたりはあまり治安のいい場所ではないから気をつけろ風なことを言われたので、早々にその場を離れ、人がそれなりにいる公園に行き、そこのトイレで着替え等を済ましました。やはりSouth Sideシカゴは雰囲気があまりよくないです。車運転しているだけでもちょっと怖いし、昼間でもあんまり一人で行くべきところではないのでしょう。

Lake front trailは地面もスムーズで景色も最高なとても気持ち良いものでした。道路と交わるところもそんなにないし、あってもほぼ止まれずにいけるので、Chicago住民にとってはたまらないのでしょう。うらやましい。

バイクライドのあとはMuseum of Science & Industryへ。
ほんとはArt Instituteに行こうと思っていたけど、駐車場のことを考えるとこちらのほうが断然手軽だったし、スタートした地点から結構近かったので。ちなみにこの博物館はシカゴで一番人気です。
f0127915_93711.jpg

私は4年ぶりくらいで2回目。
実際に体験出来るコーナーがいっぱいで、こどもを連れてくるには恰好の場所だと思います。大人も楽しめるし、勉強になる。私も結構疲れていたけど、いろいろ楽しみました。特別展示でちょうどBody Worldもやっていて、これまた4年前くらいに、セントルイスで見たことがあったのだけど、職業柄、ついついつられて行きました。覚えているものもあったけれど、以前とはまた違った感覚で観れたので面白かったです。

そんなこんなであっという間に時間は過ぎて、うっかりシカゴの渋滞に巻き込まれつつもなんとかシカゴ郊外へ行き、友達と合流して、Chicago Banditsの試合を観に行ったのでした。うむ、盛りだくさんの一日。
[PR]
by atmtk | 2011-08-16 09:41 | スポーツ

Chicago Bandits Softballの観戦

あまりタイムリーな更新ができてませんが、先週、シカゴのプロソフトボールチーム、Chicago Banditsの試合を観に行ってきました!

きっかけは今年5月にイリノイ大学を卒業した選手、Danielle Zymkowitz (通称Z)がそのチームでプレーしているから。サッカーワールドカップ後、アメリカの女子サッカーリーグの試合を観に行ってみたいと思ったけれど、近い位置にチームがないので、断念。代わりにというわけでもないけれど、マイナースポーツとしてソフトボールの試合を観てみるのもいいかもと思い、行ってきました。

当日の朝に、Zにテキストして、今夜観に行くよー、って伝えると、快く私と友人の二人分のチケットを用意してくれました。普通に買おうかと思っていたけれど、ありがたくお言葉に甘えました。ちなみにチケットは席によって、10ドル前後です。

会場はオヘア空港のすぐ近くにあるRosemont Field。今年から新しくオープンしたそうで、球場へ続く道路は、Jennie Finch Wayと名付けられていました。そう、オリンピックでアメリカ代表として活躍したJennie FinchはBanditsでプレーしていたのです。空港が本当に近くて試合中何度も上空を飛行機が通っていました。ちなみに私が3年前にインターンをさせてもらったシカゴのアリーナフットボールチームが試合を行うAll State Arenaも空港の近くにあります。空港の近くはうるさいから、土地としては安いのかな。スポーツも言ってしまえば、騒音を出すわけで、うるさいものは一箇所にまとめてしまえということでしょうか。

少し遅れて到着したので、1回裏からの観戦。Zがいきなりヒットを打って出塁。早速ヒットが見れて興奮しました。しかし、Banditsはなかなかヒットが打てず、一方相手チームはしっかりヒットをつなげて得点を重ね、4-0に。そして迎えた6回。ここでまたZがヒットで出塁し、そこから2点を返しました。しかし、また7回表に相手に点を許し、5-2で迎えた最終回の攻撃。Banditsはヒットと相手のエラーにより、一点を返し、なおもランナー二人をおいて、またZの出番。しかしここはフライアウトにて2アウトに。続く3番バッター、University of Georgiaからのルーキー、Alisa Goler。今日は負けかなーと思っていたところ、3球目をセンター右寄りにフェンス越え。逆転サヨナラ3ランホームランにて、Banditsが勝ちました。

素晴らしい終わり方で、満足。
試合にはシカゴ周辺出身のZと同級生でソフトボールチームに所属していた選手も来ていて、3ヶ月ぶりに再会したし、Zとも久しぶりに話せて、いい夜でした。

このNational Pro Fastpitchは4チームで構成されていて、Banditsの他にAkron Racers(オハイオ)、USSSA Pride(フロリダ)、NPF Diamonds(テネシー)があります。ソフトボールもサッカー同様一度は消えて、また復活したようです。やっぱり敢えてチケット代を払って少しでも貢献するべきだったかなとちょっと思いますが、チケットを用意してもらえたからこそ、こうしてバックネット裏から観戦できたのでしょう。ありがとう、Z。

Zの打席
f0127915_1331627.jpg

f0127915_13312220.jpg

Zと2ショット
f0127915_1336870.jpg

[PR]
by atmtk | 2011-08-15 13:36 | スポーツ

Borders: going out of business for good

going out of business = 倒産
for good = 永遠に
アメリカに来て一年目のとき、私は「for good」という成句の意味を知りませんでした。誰々が日本に帰るよーなんて会話をしている中で、「for good?」と聞かれ、何が?って感じだったのを覚えています。

ということで、少し前に正式に発表になったように、アメリカの本屋さんBordersは倒産決定。全米各地の店舗を続々とたたんでいるようです。ここシャンペーンのBordersはまだ一応開いていて、在庫処分セールの最中。今週行ってみたら、前よりもさらに安くなっていて、最大で50%オフでした。

なんとなくボーダーズに同情して、本を買いたくなってしまった私。その場で3冊購入してきました。
全てビジネス関連の本で、仕事の仕方、Twitter、デザイン、がそれぞれのテーマ。読み終えて、書きたくなったらここでレビューを書こうと思います。

アメリカの書店No.1は少し前に関連エントリーを書いたBarnes&Nobleですが、Bordersは第二位。倒産理由にはやっぱり電子書籍の台頭があるわけだけど、それだけでもなさそうで、カフェの併設やWifi設備なども手をつけるのが遅かったり、電子書籍に対する戦略もすぐには何もしていなかったそうで、当然ながら経営側に問題があったみたいです。

このエントリー、わかりやすくて勉強になった。
ボーダーズはなぜダメになったのか?- マガジン航

私はBarnes&NobleよりBordersのほうがなんとなく雰囲気が好きだったのだけど、それにはこの記事で紹介されているような「野暮ったさ」に惹かれていたのかも。まあでも私は本を買うというよりは、併設のSeattle's Bestでコーヒーを飲みながら本を読むという目的で行くことが多かったのだけど。昔は、抵抗あってできなかったけど、今は買っていない雑誌とかを併設のカフェに持ち込んで読むなんてことしてますし。

KindleもiPadもない(KindleのPCバージョンはダウンロードしてみたものの使ってない)私は相変わらず紙の書籍を読む日々ですが、この先いずれ電子書籍に手をつけることは必須。でもやっぱり実際の本屋さんに行くと、アマゾンで買い物をするときには経験できない本との出会いもあるし、ローカルなテイスト(イリノイ大学関連コーナーみたいなのとか)も味わえるので、たまには本屋に行きたくなるのです。しかし、その場で見るだけで、帰ってアマゾンで調べて買ったりしているのもまた事実。

本ビジネスは今後どのようになっていくのでしょう。

f0127915_14583184.jpg

[PR]
by atmtk | 2011-08-10 14:49 | 本、映画

Alumni Game

少し前の話ですが、土曜日の夜はイリノイ大学男子バスケ部の紅白戦とOB戦の観戦に行ってきました。チケットはなんと$25か$15。高いと思ったけれど、それでも人は集まる。7000人を超える観客数だったそうな。さすがです。

ここのところはすっかり低迷中のイリノイ大学男子バスケ部ですが、2005年は決勝まで駒を進めました。そのときのメンバーだったDee BrownやDeron Williamsはなかでも特別人気で彼らがプレーしているときは歓声も大きかった。2001年、2002年なんかも連続でBig Ten Championになったりしていたようですが、そのころのことなんて私は全く知らないので、へぇーって感じで観ていました。OB戦とはいえお金も取っているわけで、観客が期待している選手が多くプレーするように配慮されていて、ふとこのOB戦って誰でも来ていいわけじゃないのかななんて思ったり。今度ヘッドアスレチックトレーナーに会ったらその辺の事情聞いてみようかな。

現役NBAプレーヤーはDeron Williamsしかいなかったと思いますが、ヨーロッパなどでプロ活動を続けている選手たちを中心に、ところどころエキサイティングなプレーが観れ、満足。Kendal Gillっていう元NBA選手もいたのですが、彼はもう40過ぎてるのにかなりいい動きをしていてすごいと思ったけれど、同時にカズ(三浦知良選手)は彼より一歳上だけどまだ現役でやっているんだよな、なんて思っていました。やっぱカズはすごい!

と、そんな脱線はさておき、OB戦でこれだけ盛り上がらせることができるのはすごいなと素直に思いました。イリノイでこれなら、名門UCLAやUNC、Dukeあたりではどんなことになるんでしょう。また一つアメリカのスポーツ文化のすごさを感じた今回のAlumni Game観戦でした。

水曜日からIllinois Men's Basketballはイタリアに強化合宿に向かうそうです。

Go Fighting Illini!

f0127915_13553260.jpg

バナーたち
f0127915_13561567.jpg

少年の目にはどう映ったのでしょう。ちなみにこのマークのIllini Chief(イライナイチーフ)がうちの大学のマスコットなのですが、インディアンを差別しているとの批判から、マスコットは廃止され、FBやバスケの試合で行われる伝統であったChiefによるダンスパフォーマンスもなくなってしまいました。現在作られているイリノイ大学関連グッズにはこのマークは一切使われておらず、イリノイの「I」のマークや、大学のスポーツチームの愛称、Fighting Illiniなどの文字が並んでいます。
f0127915_13564980.jpg

f0127915_13571377.jpg

[PR]
by atmtk | 2011-08-09 13:52 | スポーツ


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧