<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

台湾での結婚パーティー in 花蓮

台湾に到着した翌日は、早速この旅の一番の目的だった結婚パーティー。

朝は民宿で用意された豚肉の挟まったパンのようなものを食べ、香港人の友達と辺りを散歩しました。パーティーの会場ホテルもすぐ近くだったので、準備中の花嫁にも会いに行って再会。アメリカで一緒に住んで、つい一週間前に日本で会って、今度は台湾で結婚パーティーに参加。なんだか信じられません。

準備の邪魔をしないように、ホテルを離れて、海辺を少し散歩して、民宿に戻って着替え。

そして結婚パーティーへ。台湾ではホテルって「大飯店」って書くんです。なんだかレストランみたい。

まだまだ準備中の花嫁のもとに行くと、今度は旦那さんもいました。
旦那さんとの再会も久しぶりで、近況報告をしあいました。

会場へ行けば、同じ大学へ通った台湾人の子たちがいっぱい。懐かしく、うれしかったです。自分がアメリカの大学へ行っていたことを実感した瞬間でした。

パーティーは割とこじんまりとしたものを想像していたのですが、なかなか大きな規模だったのでびっくり。新郎新婦の登場ではちょっと泣きそうになりました。同じ部屋で寝泊りしていた人なんてそうそういませんし、いろいろ思い出しちゃいました。やっぱ結婚式っていいものですね。

f0127915_21314042.jpg

旦那はアメリカ人ですが頑張って台湾語でスピーチしてました。
f0127915_21314146.jpg

f0127915_21314287.jpg

f0127915_21314243.jpg


花嫁の父親の影響で、なんと花蓮市の市長さんや議員までスピーチしていてびっくり。さっぱり言葉のわからない私は、次々と出てくる台湾のごちそうを食べながら、あたりをきょろきょろ見回してました。台湾料理、これでもかというくらいお肉たっぷり。魚もたっぷり。おいしかったですがなかなかおもい。

パーティーの後は、新郎新婦の写真撮影ツアーについていく事に。花嫁の台湾での大学時代の友達にバイクに乗せてもらいました。全然知らなかったのですが、台湾ではバイクに乗っている人がめちゃくちゃ多いんです。
f0127915_21314548.jpg


松園別館
f0127915_21314372.jpg

f0127915_21314429.jpg

f0127915_21314444.jpg


ここは日本が統治していた時代に日本軍の軍事施設として利用されていた施設だったようです。そんなことまったく知らなかったけれど、そういう場所に連れられていくといろいろ考えちゃいます。とっても綺麗な場所でした。こうして普通に海外旅行できることに感謝しないといけませんね。

写真撮影は着替えなどもあって時間がかかるのでカフェでのんびりしたり、バイクに乗せてくれた花嫁の友人たちが滞在するホテルへ行ったり、街をツーリングしたりして楽しんでました。あたりが真っ暗になった頃、浜辺での写真撮影も見学。満月の明かりがとてもきれいで良い時間でした。
f0127915_21314638.jpg

f0127915_21314697.jpg


その後は市場に行って、ナイトマーケット初参戦。食べ物屋がいっぱい並んでいて、安くておいしくて面白かったです。最後は景色のいい展望スポットのある山の上のカフェへ。至れり尽くせり。普通に旅行に来たら体験できないだろうことをいっぱい体験させてもらい大満足の一日でした。

f0127915_21314798.jpg

f0127915_21314741.jpg

f0127915_21314889.jpg

f0127915_21314842.jpg

[PR]
by atmtk | 2013-06-29 13:41 |

Ilha Formosa

大学を編入し、たどり着いたイリノイの街。
イリノイの大学は新入生に1年か2年の寮住まいを義務付けていて、私もひとまず寮に入った。そこで出会ったルームメイトは台湾人だった。

その出会いからもうすぐ7年。
彼女は昨年アメリカ人と結婚し、今はアメリカ在住。
そんな彼女が台湾でも結婚パーティーをするからと誘ってくれたので、台湾に行くことにした。

長いことアメリカにいたから勘違いされがちだけど、私はアメリカ以外の国にはカナダとメキシコしか行ったことがなかった。メキシコだって昨年行っただけで、海外旅行は素人です。初のアジア旅行とあって若干緊張しながら成田空港へ向かいました。

空港利用は慣れたもの。でも今回乗ったのはエバー航空のハローキティジェット!
機体はもちろんのこと機内のあらゆるものがハローキティで埋め尽くされていました。迷いつつも結局1枚も写真を撮らず。でもその後台湾でいろんな人に話してうらやましがられたので、帰りは写真撮りました。

到着は台北桃園空港。
台北駅で香港人の友達と待ち合わせ予定だったので、すぐに台北駅に向かいました。空港からバスで桃園の駅まで行って、そこからHigh Speed Rail Trainと呼ばれる電車で台北駅まで。これ、まさに日本の新幹線でした。内装とか言葉がちょっと違うだけでまったく一緒。

台北駅では人の多さにちょっとビビるものの(慣れない場所だからね)、はたまた指定された待ち合わせ場所を見つけられずあせるも、なんとかwifiをつなげてLINEで連絡を取り、友達に会えました。便利な時代に感謝!そこからは友達に誘導してもらって、花蓮という場所へ電車で向かいました。着いたら23時前。

ホテル(というか民宿)までは車で送ってもらい、無事にチェックイン。さっぱり言葉がわからなかったけど、香港人の友達のおかげで問題なし。ありがたいことです。

f0127915_1392268.jpg

f0127915_1392314.jpg



続く
[PR]
by atmtk | 2013-06-29 12:58 |

Good Morining Tokyo

今朝、久々に走りました。
いつ以来なのかも覚えていないくらい久しぶり。恐らく4月以来。ゴールデンウィーク中に少し長い距離を走ろうかと思っていたら体調を崩して寝込むと言う経緯があり、その後走った記憶がありません。

応募していた10月末の大阪マラソンは落選。誘い込んで一緒に応募してくれた友達は当選しちゃいました。彼女はマラソンはもちろん10kmも走ったことない気がするのですが一人でも走るようで、そこはさすが。キャンセル待ちをしつつ、彼女を応援しようと思います。

何故今朝走ろうと思ったのか。
それは環境の違い。と言うのも、現在外泊中のため、生活リズムがずれます。環境が変わるとたいてい早めに目が覚める私は、外泊すると走りに行くことが多いです。アメリカ国内各地のいろんな場所に遠征に行っては、その土地その土地で走りに出ていました。初めて行く町は走ることでより多くの風景が見れて、街の雰囲気が感じられるため、必ずと言っていいほど走っていました。それはまた楽しい時間でもありました。

遠征に行くとアシスタントコーチや同じアスレチックトレーナーの同僚や学生などと相部屋になったりするのですが、彼女たちと一緒に走ったりすることもありました。ランニングブームとはいえ、日本ではまだそんなに走る人はいないのかなと思うほど今朝は人に会いませんでした。ホテルがいくつかあるエリアなので、もう少しいてもいいかと思ったのですが。

久しぶりに書いたエントリーがランニングネタ。
他にも書きたいことはいっぱいあるのに、なかなかアウトプットができていないこのごろです。

帰国してもうすぐ一年。
主体的に動いていかないと流されてしまいそうだなと感じています。

「君はどうしてそんなに恵まれてるのにやりたいことをやらないんだ?」
山口絵里子著、「裸でも生きる2」講談社より引用
[PR]
by atmtk | 2013-06-18 07:54 | 考えたこと


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧