<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

真珠のネックレスを修理に出したら対応が素晴らしすぎた

宣伝したくなるサービスというのはまさにこういうもの。

先日、ネックレスの糸が切れた。結構酷使していたから、寿命だったのだろう。修理しなきゃなと思いながら数日放置していた。今まではお店に持って行ったことしかなかったから、面倒くさく感じるんだと気づき、スマホで検索。

すると楽天市場のショップが引っかかった。いくつかあった中で私が選んだショップは、美貴真珠店さん。
http://www.rakuten.co.jp/mikipearl/

糸替え修理、1000円也。選んだ理由は真珠を専門に扱っていて、サイトの記述もわかりやすく、値段もお手頃だったから。

早速楽天サイト内で修理を購入。修理を購入は初めての経験だった。確定のメールが来て、その数時間後だったかに店長さんの名前でメールが来て、送り先と送り方の指示があった。梱包材を使って封筒に入れ、簡易書留にて送付。

数日後、修理品を受け取ったと連絡が入り、糸ではなくワイヤーがいいのでは、等のアドバイス。おすすめがワイヤーだったのでそれに従うことにして返信。

確定の連絡が来て、発送予定日を知らせてくれた。そして発送後にもきちんと連絡をくれた。

受け取りはゆうパック。厳重に包まれていた。さらには封筒が。中には明細書と手書きの手紙。いろいろ丁寧すぎて、1000円にしては安すぎるサービスだった。

修理されて戻ってきたネックレスは、ひとつひとつ丁寧に組み上げられて、とても綺麗になった。私は今、モノを売る事業に関わっているため、1000円という値段でこのサービスは非常に安く感じる。人件費だけで十分その額を超える。もっと高くしていいと思う。いいものには、しっかり対価を払いたい。

というわけで、せめてもの御礼として、ものすごく微力ながらもここで紹介してみた。真珠のネックレスが破損したら、こういうサービスを使ってみるのはいかがでしょう? 忙しくてお店に足を運べないのなら、なおさらのこと。

ネットはこういうところもつなげてくれる。そしてまた、私がサービスをすぐに紹介できるのもこの時代の素晴らしさです。

f0127915_22455892.jpg

f0127915_22455826.jpg

[PR]
by atmtk | 2014-03-28 22:22

YouTubeチャンネルの挑戦

仕事の一環で動画を撮影してアップするという企画を始めて見た。正直、キャラじゃないなと思っていたけど、やってみると意外と楽しかったので、継続的にやっていく。

これをするために、iPhoneを設置する器具や三脚など買ってみた。カメラも本格的にやってみたいと思ったりはする。一眼欲しいな。何にせよ、カメラに一人で語りかけてるとわけわかんなくなってくる。最後は楽しんだもんがち。

撮った動画は曲がりなりにも編集するのだが、無料ソフトでやれることは少ないのか、単に知識不足なだけか、しょぼいことしかできない。これから、これから。そろそろMacへ移行しようか。

いい機会だから、仕事絡めていろいろ遊んでいこう。これからは動画配信の時代になるかも?

ちょっと前まで知らなかったんだけど、日本で今最も売れてるYouTuberにHIKAKINという人がいる。彼は3年ほど前から毎日、やったことや買った商品などを紹介した動画を配信して、今では結構な額をYouTubeからの広告収入で稼いでいるらしい。なんでもない動画に感じるけれど、結構いろいろ見てしまう。自然にすっと引き込まれて行くような感じ。それが彼の魅力なのかもしれない。

元々、結構な努力をする下地はあった。彼は実はボイスパーカッションが有名なのだ。マリオのテーマをボイパで演奏した画像は世界中を駆け巡り、彼を一気に有名にした。きっかけはどこに転がっているかわからない。

気になったら是非HIKAKINで検索して欲しい。なんであれ毎日を3年間続けることはすごいこと。人と差をつけるのは、こういった日々では小さなことだけど、その積み重ねなのだろう。気付いたときにはその差は圧倒的で、追いつけなくなる。

これはいろんなことに当てはまる。自戒をこめてここに記しておく。
[PR]
by atmtk | 2014-03-26 22:22

映画「アナと雪の女王」を観てきました

今年のアカデミー賞の長編アニメ映画賞を受賞した「アナと雪の女王」(原題:Frozen)。
ミュージカルアニメで、「Let It Go」は歌曲賞も受賞しています。アメリカでは昨年11月末から公開されていて、とても評判が良かったので、日本でも公開されるのが待ち遠しかったです。

私が最初にこの映画を知ったのは、「かぐや姫の物語」を映画館に観に行ったときに予告編で流れたときでした。そのときは、歌だけ流れて、最後にタイトルと公開時期が表示されるという構成で、衝撃を受けました。うまい演出です。



日本での公開はホワイトデーの3月14日。Wikipediaによると日本は一番公開されたのが遅いらしいです。http://ja.wikipedia.org/wiki/アナと雪の女王

CGアニメーションで、3Dバージョンがあるのですが、私が行った映画館では、3Dはやってなかったので、2Dの字幕版を観ました。3Dで観たら迫力があって更に良いのではないかと思います。あとミュージカルなので音のいい映画館で観るのがいいですね。

評判どおりの良い映画で、感動しました。しっかり笑いの要素も取り入れられていて、それがまた絶妙でした。プロットはどこでも読めますので、ここではあえて何も語りません。とりあえず映画館で観るのはおすすめです。

ニュースで読みましたが、日本語版の松たか子さんの歌声が海外からも評判が高いらしいですね。


日本語で観たら、また違った感覚なのかな。ただ一緒に行った友達とも話していたのですが、英語版を観て、日本語版を観ると、一度できた世界観がくずれて違和感を覚えてしまうのではないかな。日本語版はテレビで放映されたときに取っておきます。

最後は愛が勝つ。
ぜひ観てみてください。

[PR]
by atmtk | 2014-03-22 23:07

アスレチックトレーニング月間

ようやく少し春めいてきましたね。
3月は、National Athletic Training Monthです。まだまだ、一般的には知られているとは言えないアスレチックトレーナーという職業。日本だと、パーソナルトレーナーもストレングスコーチもみんな一緒に「トレーナー」と呼ばれてしまっていて、聞いたことがあってもアスレチックトレーナーとは何なのかをちゃんと理解している人はものすごく少ないと思います。

アスレチックトレーナーとは、医者などと協力して、怪我やスポーツ関係の疾患の予防、応急処置、診断、治療、リハビリを行うヘルスケアの専門職です。米国では準医療資格としてATC(Certified Athletic Trainer)という資格が存在します。アスレチックトレーナーの活動の場は、病院や、大学、高校、スポーツチーム、トレーニング/リハビリ施設、軍隊、さらには劇団やオーケストラなど多岐にわたり、活動的な人々の健康を守り、生活の質の向上、パフォーマンスの向上を助けています。「Health Care for Life and Sport」です。

下記はNATA(全米アスレチックトレーナー協会)が今年のキャンペーンのために用意した画像の一つです。毎年テーマを変えながら、アスレチックトレーニングを広める活動を行っています。今年のテーマは、「We've Got Your Back」。直訳すると「あなたの背中を捕らえた」、なので意味としては、後ろ盾となってサポートする、私たちがついてる、ということです。
f0127915_23511094.png
少し前に人気になった映画「Blind Side」(邦題:幸せの隠れ場所)では、「I got your back」って言葉が使われていました。これも同様に、私がついている、って意味ですね。この映画、アメリカの大学のアスリートたちにもとっても人気が高く、私が以前働いていたソフトボールのチームでも選手たちが冗談交じりに使ってました。時には本気でミスをサポートするときにも。

アスレチックトレーナーは、アスリートが安全に最高のパフォーマンスを発揮するための手助けをしています。

「We've Got Your Back」

NATA(全米アスレチックトレーナーズ協会) Website http://www.nata.org/
JATO (ジャパンアスレチックトレーナーズ機構)Website http://www.jato-trainer.org/




[PR]
by atmtk | 2014-03-20 00:23

豆大福

先日オープンしたこちらのサイトで豆大福を特集した記事が載っていました。
http://mcha.jp/1716

職場が割と近いので、そのうちの一つ原宿 瑞穂へ行ってみました。
実はこの記事を見てすぐ行ってみたところ、その日は売り切れでした。たしか16時くらいだったと思いますが、それでは売り切れるのが常のようです。なので、数日後にリベンジ。朝8時半からオープンとのことだったので、出勤前に行きましたとも。
f0127915_17123439.jpg


念願の豆大福をゲット。せっかくなので、職場近くにある別の大福屋にも立ち寄り、豆大福をゲット。食べ比べ開始です。
f0127915_1712369.jpg


瑞穂の豆大福は1個210円。
f0127915_17123576.jpg


ずっしりと重みがあり、餅に厚みがありました。あんこは程よい甘さでとてもおいしいかったです。豆大福を食べるのは久しぶりでしたが、これぞ日本のお菓子。お餅とあんこのハーモニーが絶妙でした。
f0127915_17123760.jpg


続いてもう一つの豆大福は260円。お店の名前は伏せますが、表参道付近にあります。
f0127915_17123640.jpg


こちらは、瑞穂のそれに比べると御餅が若干固めでした。あんこは粒あん。おいしかったですが、値段も味も瑞穂の方がいいです。
f0127915_17123710.jpg


最後に豆比較。上が瑞穂。
f0127915_17123714.jpg

f0127915_17123891.jpg


上記は一週間ほど前の話。
そして先日、たまたまローソンで豆大福を発見したので、コンビニはどんなものかと買ってみました。お値段120円也。できたての豆大福に比べるとやっぱり劣ります。餅もあんこも。

そんな感じで豆大福を3つ食べ比べてみたのでした。たまに、こういうことをすると発見があって面白いです。気になったら即行動。皆さんもぜひお試しください。
[PR]
by atmtk | 2014-03-14 17:09 | 日常

「成功は”ランダム”にやってくる!」を読みました

今日は今年私がこれまでに読んだ中で一番面白かった本のご紹介。

成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方」 

kindle版はこちら

これは自己啓発系の本だが、面白くて、ワクワクして、いろいろやりたくなる、背中を押してくれるような本だ。ルールが変わる世界では、狙って成功するようなことは滅多になく、成功は偶然の中から生まれていることが多い。その偶然がいつ起こるかはわからないが、その偶然が起こる確率を増やして、そのチャンスを逃さずに、成功へとつなげる方法が本書で紹介されている。

「恋のマイアヒ」はアメリカでは最初なかなか売れなかった。しかし、たまたまその曲を気に入ったある人物が、振りをつけて曲に合わせて踊り、その様子を撮影した動画を友人たちに広めたところから、一気にその動画が広まり、同時に局も売れるようになった。アメリカABCテレビの人気ドラマ「LOST」は、当初は成功を全く期待していなかったため、遊び感覚でどんどんアイデアを出していって作られた。当事者たちは、売れないだろうと予想していたが、ふたを開けてみればその間逆。思ってもいなかったところで、視聴者をわしづかみし大ヒットへとつながった。

マイクロソフトのWindows3.0は、2人の男が金曜日の夜のパーティーで出会ったから生まれた。
ダイアン・フォン・ファステンバーグのラップドレスは、ニクソン大統領の娘が着ていたトップスとスカートの組み合わせに着想を得た。

友達に誘われてパーティーに行ったり、ついていたテレビを観たり、何気なく起こした行動、何気なく目にしたものが人生を大きく変えることがある。そういうことが起こる瞬間を著者は「クリック・モーメント」と呼んでいる。その「クリック・モーメント」を起こす方法として、本書には下記の4つの方法があげられている。*カッコ内は抜粋ではありません。

1.ボールから目をそらせ (意図して違う方向を見る)
2. 交差的に考える (意図的に、自分とは異なる分野、文化、産業を探索したり、全く異なる興味を持つ人と接したり、興味のない雑誌を手にとってみたりする)
3. 好奇心に従う (おもしろいとおもったらどんどんやってみる)
4.予測可能な道を避ける (論理的な計画を壊す)

こうしてクリック・モーメントを増やしたら、今度はその瞬間が訪れたときに、すかさず行動を起こす。これが「目的ある賭け」。これは、たまたま見かけた宝くじを買ってみるような賭けではなく、良さそう、面白そう、と思ったものを作って発表してみるような賭けのことを言う。そしてまた、この賭けは計画して大きく一気にかけるのではなく、小さく連続して賭けることによりランダム性が増す。

「クリック・モーメント」「目的ある賭け」ときて、3つ目に必要なのが「複雑エネルギー」。これは、LOSTのように売れないと思っていたものにものすごい人気が出たり、ツイッターのようなSNSの波及で小さな行動がアラブの春のような革命につながったり、オークションサイトとして圧倒的トップに立つebayのように最初の小さな成功が積み重なって大きな成功につながったりするときに働く力のこと。

この「複雑エネルギー」も狙って起こせるようなものではないが、「クリック・モーメント」を見つけ、「目的ある賭け」をして、そこに人々の好感など「複雑エネルギー」の兆しを感じたら、そこで一気に攻めてさらに行動を起こして賭けをすることにより、「複雑エネルギー」を大きくしようとする努力はできる。

「世界は決して予想通りには動かない。」

だからこそランダム性を増やして、予期できない状態をあえて作る。その考え方に納得した。

気になった方は、ぜひ読んでみてください。読んだ瞬間からいろいろ行動したくなります。





[PR]
by atmtk | 2014-03-11 23:54 | 本、映画

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境

十数年ぶりにドラえもんの最新作を映画館で鑑賞。駅構内に試写会の案内が貼ってあって毎日見てて気になっていた。

今回のお話は、冒険をしたいと言い出したジャイアンをきっかけに、魔境を探し始めたのび太が、空き地で弱っていた犬を助ける。その犬がきっかけで、アフリカのジャングルに巨神像があるという情報を見つけ、いざ探検へ。という設定。

ここからはネタバレ注意。

ジャングルの中で様々な危機に直面するうちに、のび太が助けた犬は実は王子で、国を王の元部下だった悪党に取られて国を追われて日本へと辿り着いていたという事実が発覚。王子を助けるため、ドラえもんたちは悪党どもに立ち向かう。

という感じに進んで行き、戦いの中ではもちろんいろんな危機に直面し、諦めそうになるも仲間のために立ち向かい、奇跡を起こして悪を追放。王子は姫の元へと戻れ、国は再び蘇る。仲間の絆を確認し、めでたしめでたし。

ストーリーはありきたりです。

でも大人になってから観るといろいろ発見があります。ドラえもんの道具が画期的すぎたり、でも一方でなぜその機能をここで?と突っ込みたくなったり。ジャングルは衛星を使って探すのだけど、雲も関係なく何でも発見できる衛星なら、未開拓地はもっと簡単に探せるはずとか考える。一枚一枚プリントして確認ってそこはどんだけアナログなの?ってね。

お決まりの道具であるスモールライトやタケコプター、どこでもドアなんかはあったら本当便利だよね。逆に猛獣マントは、、、おびき寄せるだけならもっと効率的なものがいい。まあ設定があり得ないのだからそんなことを言ってもしょうがないけれど、こういう思考や発見は面白いなと思った。

しずかちゃんってそんなにお風呂好きキャラ押し出してたっけとかジャイアンの映画での不器用だけどかっこよいキャラいいなと確認できたり、飽きずに楽しめた2時間でした。

子供がいっぱいな映画館も新鮮でした。今夏にはドラえもん発の完全CG映画も公開されるらしいよ。要チェックですね。

f0127915_2317299.jpg


映画を観るともらえます。既にヤフオクとかで売り出されてました。
[PR]
by atmtk | 2014-03-10 22:50

Nike Fuelbandを買いました

少し前に佐々木俊尚さんの著書「ウェアラブルは何を変えるのか?」を読んだ。(こちらKindleでさくっと読めます。お値段も手ごろ)グーグルグラス含め、未来のデバイスについて想像をめぐらし、ワクワクすると同時に、めまぐるしく変わっていく世界に若干の不安を覚えたりもする。世界は一体どうなるんだろうって。だが楽しみの方が強い。 

ウェアラブルデバイスとして、一番人々の生活に溶け込みやすく、すぐに実用されていくだろうものがフィットネス関連のものだと佐々木さん。そこで、佐々木さんも使用しているデバイスとしてNike Fuelbandを挙げていた。そのレビューがなければ今回の購入はなかったかもしれない。その本を読んでからというもの、Nike Fuelbandが気になり始め、かなり欲しくなってしまった。

結構単純なデバイスで、一日の活動量を測定してくれ、消費カロリーや歩数、その日アクティブに動いた時間数などを知らせてくれるらしい。これをつけて毎日測定していると、あまり動かなかった日にはもっと動こうという気持ちにさせてくれるらしい。 オンラインでの購入には慣れているけれど、実物見たさから原宿のナイキショップへ行って購入した。職場からも近かったので好都合だった。そこで店員さんに話を聞いたら佐々木さんと同じようなことを言っていた。彼女はそこまで魅力を感じていない気もしたし、売り文句だったかもしれないが、話を聞く聞かないに関わらず私が買うことをほぼ決めていたのは事実。お値段15750円とまあ安い買い物ではないが、これから使っていくのは楽しみだ。

私は4年ほど前に、Nike Sportsbandを購入したことがある。そのときの記録があるかどうかブログの過去の記事を検索したけれど見つからなかった。4年前の2月末にSportsbandの購入を検討していた記述はあり、下記のエントリー内には記事とは関係ないけれど写真を見つけた。

これを見るとFuelbandにも非常に似ている。Sportsbandの場合は走った距離やカロリーを計算してくれるからと購入したものの、1年ほどでなくしてしまった。あの頃はアップルのデバイスも一つも持っておらず、パソコンで記録を確認するしかなかったけれど、今はiPhoneユーザーなのでそこはもっといい感じになるのかと期待している。

どういう形になるかはわからないけれど、時代の流れからして、ウェアラブルデバイスはこれからどんどん普及していくだろう。だからこそ最先端の製品に触れておきたいと思ったのも購入の理由。仕事もフィットネス、スポーツ関連なのだから、情報収集としても役に立つ。そんなことを考えている。4月と5月に一本ずつハーフマラソンを走る予定なのでそういうときにどうなるのかとかも楽しみ。

気になったらまずは、本を読んでみてください。Fuelbandはウェアラブルのほんの一例なので、他のデバイスの知識もあるといいかもしれません。

外箱
f0127915_005234.jpg

空けるとこんな感じ
f0127915_00032504.jpg



装着!!
f0127915_005313.jpg


[PR]
by atmtk | 2014-03-06 23:56

3月ダッシュ

昨日読み終えた本が今年一番のワクワク感を与えてくれたので、今月はたくさんブログを書くことにします。

とにかく思いついたらやってみる。

考えの記録として、今はまたブログを頻繁に書いてみたくなりました。このブログは今8年目。ブログ歴はもうすぐ9年になります。留学した当初、ブログが流行っていて、その波に乗って始めて、ほんと気ままに自由に書いてきました。完全に自分のために楽しいから続けています。

一昨年iPhoneにしてから、携帯電話に触れる時間は確実に増えて、パソコンを開く時間が減りました。時間は有限なのでどこかで調整しないといけません。基本は全てトレードオフ。

そういう意味で今月はインプットを減らしてアウトプットを増やします。その先に何が見えるかなんてわかりません。小さなことかもしれません。でもやってみなければわからないことがあるんです。

さらにそのときの運や環境で、思いもよらない状況に瞬時に陥ることもある。でもそういう経験は必ず為になる。いいことだけの人生なんてあり得ないし、つまらない。

突っ走ってこそだと思っています。まだまだこれから。3月ダッシュの季節です。
f0127915_0214299.jpg

[PR]
by atmtk | 2014-03-04 00:02

緑色のランTシャツ

気づいたこと

緑に縁がある

2012年イリノイハーフマラソン

f0127915_11263691.jpg
2013年青梅マラソン
f0127915_11263743.jpg


2014年東京マラソン

f0127915_11263780.jpg

微妙に全て違う色だけれども。

ちなみに、2011年に走った、イリノイハーフマラソンとシアトルマラソンはそれぞれ薄いピンクとブルーでした。2012年からの3年間の軌跡。

さて次は何色かな?

実は4月、5月と連続でハーフマラソン参加予定だったりします。志摩と軽井沢というどちらも素敵な場所で。楽しみです。

[PR]
by atmtk | 2014-03-02 11:19


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

人気ジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧