127hours



映画「127hours」を観た。
あるクライマーが、落下した際に右腕が岩と岩壁の間に挟まり、その場から動けなくなり、5日間崖の底で過ごした話。最終的にその右腕を切断することで脱出するのだけれど、壮絶だった。ずっと見ていられなかった。でもこの話は実話。現実はもっと過酷だったんだろうと思う。

スラムドッグ・ミリオネアも監督したダニー・ボイルの作品。
ところどころでダニー・ボイルらしさを感じた。

映画を見ながら、東日本大震災のことを思った。
状況は多少違えど、こういう生死の狭間をさまよった人たちがいっぱいいたんだろうなと。生きることを諦めなかったときに発揮される生命力はすごい。

そしてこういう映画を観たり、話を聞いたりしていつも思うのは、当たり前にあるものの大切さ。好きなときに制限無く水が飲めて、食事ができること、温かい部屋で眠れることは幸せなこと。感謝して精一杯生きないとね。
[PR]
by atmtk | 2011-04-03 22:00 | 本、映画


NATA公認Certified Athletic Trainerです。あまり一貫性はないですが、日々のできごと、気付き、考えたことなどを記録しています。


by atmtk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
自己紹介
Athletic Training
日常
スポーツ
本、映画
音楽

つれづれなるままに
芸術
考えたこと
テレビ
留学
大学院生活
ランニング
トレーニング
未分類

最新の記事

定期的な何か
at 2015-07-04 21:44
名古屋ウィメンズマラソン
at 2015-03-07 19:38
富士山マラソン
at 2014-12-30 00:41

記事ランキング

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ブログパーツ

Links

その他のジャンル

ブログジャンル

健康・医療
スポーツ

画像一覧